徹底解説!!ハイフの効果は何日後から?効果を高める方法も伝授

美容
スポンサーリンク

近年、美容医療の浸透が進んでますよね。美容医療に対する偏見もなくなってきていて、やってみようと思う方も増えてきたのではないでしょうか。

ハイフは特によく聞きますよね。リフトアップしたい人にはまず思い浮かぶ施術ではないでしょうか。

そのハイフの効果は何日後に出るのでしょうか。

これから挑戦していきたい方には、何日後に効果出るのか気になるところですよね。

大事な予定の前にやってもいいのか、検討中の方には必見です。

ハイフの効果がそもそもちゃんと出るのか。何日後から出るのか。詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ハイフの効果は何日後?

そもそもハイフとは、どのような治療方法なのでしょうか。

ハイフとは、肌へ超音波をあて、リフトアップや肌質の改善を促進する治療の事を指します。High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の頭文字をとっています。

主な効果はリフトアップですが、毛穴の引き締めや小じわの改善・透明感アップなどの美肌効果も得られるようです。

施術の内容は、超音波を気になるところに集中させることで、ピンポイントで熱エネルギーを届け、熱による組織の収縮効果で、顔のたるみを改善します。

今までは、メスを入れる外科手術でしかアプローチすることができなかった真皮の浅い層や、あごや首下などにも、超音波によって筋膜にまでアプローチすることができるようになりました。

種類は2種類で、美容クリニックでの取り扱いになる照射パワーの強い「医療ハイフ」とエステサロンでの取り扱いとなる「エステハイフ」があります。

安全性が高いのは「医療ハイフ」と言われています。

これがメスを入れることよりも、高い効果を得られるといわれている所以なのです。

効果を感じやすい部分としてあげられるのは、フェイスライン・あご下・ほうれい線などです。

なかでもフェイスラインは、ハイフといえばの代表的な部分です。

小顔にみえたり、すっきりとした印象に変えられて、切開では避けられないダウンタイムも、ハイフでは日常生活に響くほどのダウンタイムがないことがメリットの一つです。

ハイフの施術の効果が出るのは個人差があると言われています。

施術後すぐに変わったことを実感する人もいれば、施術による腫れいわゆるダウンタイムを経て、数日後に実感する人、1か月後くらいにじわっと効果を実感する人もいるようです。

個人差があると言われてはいますが、実際にはすぐに効果を実感できる人が多いようです。

さらに、効果は3~4日後に当日以上で感じられることが多いとのこと。その後3か月はゆっくり引きあがる効果を感じられます。

ハイフの治療は、継続して施術していくことでより高い効果を得られるといわれていますが、1回の施術でももちろん効果を感じることができます。

まずは1度ハイフの施術をしてみて、効果の出方など体感してみるといいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ハイフの効果はいつまで?

ハイフの効果はいつまで続くのか気になりますよね。

いつまで続くかというと、効果は大体、リフトアップで約半年~1年程度といわれています。

ハイフの効果を長持ちさせるためには、「ハイシャワー」という皮膚の浅い層によりアプローチしていくメニューがあります。

通常のハイフは1点集中で熱パワーをあてていますが、ハイフシャワーはその名の通りシャワーをかけるように広く熱パワーを照射し、美肌効果が得られる治療です。

このハイフシャワーにはダウンタイムや痛みがないため、月に1回程度続けて行うことができます。

ハイフの効果の持続期間内にあてることによって効果をさらに長持ちさせることができるようです。

いつまで効果があるのか気になっていた人には、半年から1年も持続するのは朗報ですね。ボーナスが出た時などに自分のために使うのもありですね。

スポンサーリンク

ハイフの効果ない人がいる?

一部の声として、ハイフに効果ない人もいると言われているようです。

効果ない人がいると言われる理由はなぜなのか、考えられる要因があるようです。

まず、「適切でないショット数で照射している」のではないでしょうか。

ハイフはショット数によって効果が変わるものであって、ショット数が多いほど強い効果で、広い範囲に打つことができます。

しかしそれによる肌へのダメージを与えてしまいます。

つまり、肌状態によってはショット数が少ないと効果が出なかったり、逆に強すぎると効果以上のダメージを受けてしまい、効果が見えなくなってしまう現象が起きてしまうようです。

次に、「肌の状態がハイフを受けれる状態ではない」のではないでしょうか。

これは、元々の肌の状態や、免疫が弱っているなどの外部の刺激を受けると以前よりも更に状態が悪化してしまうこともあるようです。

逆に、効果ない人には肌状態が元々かなりよく、引き上げる必要のない肌の方が当てはまります。

このような人には、大きな変化が感じられないこともあるようです。

最後に、「ダウンタイム中にさらなるダメージを負っている」のではないか。

ハイフの施術後には、熱パワーによって炎症を起こすダウンタイムという期間があります。

この期間に、紫外線や強い摩擦を与えたりすると、ダメージを受けている肌にさらなるダメージが加わり、効果を実感しにくくなってしまいます。

効果をより感じるためにも、効果ないようにしてしまう以上の行為はなるべく避けていきたいですね。

スポンサーリンク

ハイフの効果を高めるには

ハイフの効果をより高めるためには、どうしたらよいのでしょうか。

まずは、適切な間隔で繰り返して施術を行うこと。ハイフはたるみへの効果は半年~1年ほどでしたよね。また、ツヤ効果は1~3か月ほどです。

個人差や当てる機械によっても効果の期間も変わってきます。持続期間をクリニックで相談して、次回の予約を入れることが効果を高めるために大切なようです。

ここでポイントなのが、効果が無くなってから次の施術をするのではなく、効果が少なくなってから施術するのがおすすめです。

次に、水分補給をすること。ハイフによって破壊された細胞を体外に排出することが効果を高めるために大切になります。

その排出を促すためにも水分補給が必要です。1日2Lのお水を飲むと、老廃物を排出しやすくなるようです。

お水を飲むことは美肌にもいいとよく聞きますよね。ハイフの効果を高める効果もあるなら一石二鳥でいいですね。

次に、他の施術と組み合わせること。ハイフを受ける際に他の施術と組み合わせると効果が高めることができます。

例えば、サーマクールは高周波を利用して真皮層から皮下組織全体を引き締める施術です。ハイフと組み合わせることで、それぞれの治療よりも効果を得られます。

ハイフがピンポイントで熱パワーを加えるのに対して、サーマクールは照射範囲に均一な熱パワーを加えます。

サーマクールは肌を引き締めて、ハイフで筋膜から引き上げることによって、たるみ改善と肌の緩みの引き締めになります。

また、ハイフ同士を受ける際に組み合わせるのもおすすめです。

皮膚の深い部分に届くハイフでたるみを土台から引き上げた後は、メンテナンスのために皮膚の浅い部分に届くハイフを行うという方法もあります。

他にも、糸リフトの施術で筋膜を固定し、ハイフで引き締めることで糸リフトの効果を留めることができます。

スポンサーリンク

まとめ

  • ハイフの効果は何日後かというと施術後すぐに感じられる
  • ハイフの効果は半年~1年程度持続
  • ハイフの効果が感じられない人には理由がある
  • ハイフは他の施術と組み合わせると効果が高まる

いかがだったでしょうか。

メスを使わない美容医療は近年取り入れる人が多くなってきていますよね。

ハイフの効果は何日後にでるのか。それはすぐに実感でき、持続期間も1年程度と長いのはとてもうれしいですね。

何日後に効果が出るのか知りたかった人には、すぐ効果が出るとわかってうれしいですね。

ダウンタイムが比較的なく、日常生活に支障をきたさないでくれるのはありがたい!

美容医療に興味があるけど、ダウンタイム中化粧ができないのは困る方や、周りにばれたくないけど挑戦してみたい方などにはもってこいの施術なのではないでしょうか。

また、効果を高める方法もあるようなので、是非試してみてください。

ぜひ試してみて、より美しい肌になっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました