必見!買ってはいけない美顔器は?EMSやLED美顔器などのデメリット解説

美容
スポンサーリンク

年齢を重ねても肌を美しく、綺麗に保ちたい。

でもエステに行くにはお金と時間がないというあなたに、美顔器は日々のお手入れにプラスするだけでいいのです。

自宅でお手軽に始められる美顔器ですが、買ってはいけない美顔器があることを知っていますか??

安価なものから高価なものまで、幅広くいろんな種類の美顔器が売られています。

たくさんありすぎると何を買っていいのか分からないですよね⁉

肌のお手入れのために、美顔器を購入しても買ってはいけない美顔器を知らないと、逆に肌を悪化させてしまう可能性があります。

そこで買ってはいけない美顔器のメリットとデメリット、注意点をこの後徹底解説します。

スポンサーリンク

買ってはいけない美顔器とは⁉

あなたは買ってはいけない美顔器を知っていますか?

買ってはいけない美顔器は、間違った選び方をすると、肌の悩みを解決できず、逆にトラブルになってしまう恐れがあります。

間違った選び方とは?

肌質や用途に合わない美顔器を選ぶことです。

せっかく美顔器を購入しても、あなたの肌に合わない美顔器を使用しては、肌への負担が増すばかりです。

美顔器はたくさん種類があって何を使用してよいか迷いますよね。

そんなあなたのために、代表的な美顔器5選について紹介します。

買ってはいけない美顔器を購入しないために、美顔器のメリットとデメリットを解説します。

スポンサーリンク

買ってはいけない美顔器5選のメリットとデメリット

日々のお手入れにプラスするだけで、自宅で簡単にケアできるのが美顔器です。

しかし種類が多くてどれを選んでいいのか悩みますよね。

自分の肌に合わず、買ってはいけない美顔器を買わないために、代表的な美顔器6選のメリットとデメリットを合わせて解説します。

LED美顔器のメリットデメリット

メリット

肌に有害である紫外線を含まないLEDライトを肌にあてる美顔器です。

簡単に言うと、光照射エステのLEDバージョンといったところでしょうか。

ダメージを肌に与えることなく、様々な美肌効果が期待できるとされています。

家庭用のLED美顔器の場合、専用のジェルなどが必要ないため、本体を買ってしまえば電気代のみで使い続けることができますよ。

デメリット

他の種類の美顔器と比べ、LED美顔器は高額なものが多くなっています。

ジェルが必要ないので長期間使うのであればお得かもしれませんが本体が高いので、気軽に試せるものではなさそうです。

超音波美顔器のメリットデメリット

メリット

8MHz(毎秒500万~800万回)と3MHz(毎秒100万~300万回)周波数タイプがあります。

振動で肌の汚れを落としてくれるので、ニキビや毛穴詰まりが気になる方におススメです。

日頃のクレンジングで落としきれていない汚れや皮脂や角質を落としてくれます。

これらのケアを目的とした場合は8MHz周波数の美顔器を利用することで効果が期待できます。

一方、3MHzと低い周波数は表情筋を刺激するのに良いです。

超音波の振動で筋肉を刺激するため、むくみやたるみ、シワのリフトアップも期待できるのです。

デメリット

即効性がある美顔器ではないので、継続しないと効果を感じることができません。

美顔器によっては専用ジェルが必要になりますので、コストがかかります。

レーザー美顔器のメリットデメリット

メリット

シミやくすみ、肌を白くするといった美容効果が期待できます。

それは肌細胞にダイレクトに働きかけてくれるとされているからです。

ピンポイントに肌細胞を活性化し、シワやほうれい線などにも効果が期待できます。

また、専用の美容液やジェルなどが必要なく、お手持ちの美容液を使うことができるのでランニングコストはかかりません。

家で使うレーザー美顔器は、レーザーの出力は弱めですが安全性が高いので安心して使うことができます。

デメリット

レーザーの出力は弱めですが、他の美顔器と比べると効果が出るよう刺激か強い製品になります。

なので、使用時間や照射方法を間違えると、乾燥や肌の赤みが強く出る可能性があります。

美肌効果を感じるようになるには、時間がかかります。

ラジオ波美顔器のメリットデメリット

メリット

ラジオ波は高周波の一種で、肌にあて電気を流すことで、たるみやむくみを改善を促してくれます。

また肌の奥にある筋肉を刺激することで脂肪燃焼効果が得られ、引き締め効果が期待できるのです。

肌に適切な電気を流すことは、肌の免疫機能をあげてくれるので、美しい健康的な肌の状態を保つことができます。

すぐに効果は出ませんが、継続的にケアをすることで効果が期待できます。

デメリット

妊娠中や授乳中のあなたは、ホルモンバランスが崩れやすい時期なので、逆に肌荒れの原因になる場合があります。

EMS美顔器のメリットデメリット

メリット

自分では動かしづらい固まった筋肉を、微弱な電流を流すことでほぐれたり、筋肉を収縮することでリフトアップにつながります。

筋肉を刺激するので、シワやほうれい線などの対策も効果があると言われています。

家庭用のEMS美顔器は電流の出力は抑えられているので、安心して使用することができます。

しかし、フェイシャル用とボディ用など使用する部位が限られているものがありますので、購入時はしっかり確認することが必要です。

デメリット

電流を流すので、少しピリピリした痛みを感じることもあります。

お肌が弱いあなたは少し注意が必要になります。

イオン導入美顔器のメリットデメリット

メリット
弱い電流を流すことによって、化粧品の美容成分を肌に浸透させやすくする効果があります。

肌の奥までコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が浸透されるので、みずみずしい肌へ導いてくれます。

手で化粧品を塗った時と比べると、約30倍浸透率が変わるといわれています。

そして、プラスとマイナスの電極をあてることで、古い角質や汚れを吸着する効果もあります。

デメリット

使用する化粧水や美容液の成分によっては、肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に合成界面活性剤や防腐剤や合成着色料や合成香料などが挙げられます。

これらがイオン化され、皮膚の深部に入ると悪影響を及ぼす可能性があります。

なので、必ずイオン導入専用の成分を使用するようにしましょう。

このように、買ってはいけない美顔器とは、自分のお肌に合わないものを選ぶと、逆に肌荒れすることが分かりました。

今回ご紹介した代表的な美顔器にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

買ってはいけない美顔器にならないよう、美顔器のメリットとデメリットを考え、なりたいお肌の目的に合わせて、美顔器選びをするといいでしょう。

また、どの美顔器を選んでもすぐには効果を感じることができません。

継続的にケアすることで、肌の変化を感じることができるので、あなたのペースで使用上の注意を守り、継続的にケアすることがおススメです。

スポンサーリンク

買ってはいけない美顔器の注意点

先程は美顔器のメリットとデメリットについて解説したしました。

では次に、買ってはいけない美顔器の代表的な6選の注意点について解説したいと思います。

LED美顔器

LEDライトは強い光であるため、顔全体に光をあてるときには専用のサングラスをしなければならないものもあります。

そのため、目元を重点的にケアしたい、という方には向いていません。

超音波美顔器

毎日使用すると、毛穴の開きを悪化させ、必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。

目の周りや耳の下のリンパ節にあてるのは危険です。

ニキビのような炎症ができている肌には使用できません。

なぜなら逆に悪化させてしまう可能性があるからです。

超音波美顔器はニキビを治す効果はありません。

レーザー美顔器

頻度は週2~3回を目安に使用することが一般的です。

乾燥肌や敏感肌、肌荒れしているあなたは使うのを避けたほうがいいです。

レーザーが強いものを使用すると、逆に炎症を悪化させてり、乾燥がひどくなったりする恐れがあります。

ラジオ波美顔器

毎日使用すると、お肌のダメージが蓄積してしまう恐れがあり危険です。

ラジオ波は肌を温める特徴があるので、ニキビや日焼け直後など肌トラブルがある時は使用を控えたほうがいいです。

電磁波を使用するので、妊娠中やペースメーカーの埋め込みをしているあなたは使用を控えるようにしましょう。

EMS美顔器

電気を流し筋肉を刺激するため、毎日使用すると、疲労がたまり逆効果になります。

使用頻度は週2~3を目安に、筋肉を休ませる時間を作りましょう。

妊娠中や体内に金属が埋め込まれているあなたは、使用できない場合がありますので、事前にかかりつけの医者に相談して使用できるか確認しましょう。

金属アレルギーをお持ちのあなたは、美顔器のヘッド部分でアレルギー反応が起こる場合があります。

ステンレス加工された美顔器を選ぶことをおススメします。

イオン導入美顔器

微弱な電流を肌に流しますが、微弱だからといって、毎日使用しても大丈夫というわけではありません。

微弱でも毎日使用するダメージが蓄積され、肌トラブルの原因に繋がりますので、使用頻度は週2~3回を目安にしましょう。

イオン導入美顔器は様々な美容成分を肌に浸透させることができます。

もし、あなたの肌に合っていない成分を含んだ化粧水や美容液を使用した場合、炎症を引き起こす恐れがあります。

使用する時は、成分を確認してあなた自身で判断することが大切になります。

このようにお肌のケアのために美顔器を使用していますが、これらの注意点を守らないと、かえって肌トラブルを招く場合があります。

ご紹介した買ってはいけない美顔器5選に共通して言える注意点は、毎日使用することは逆効果になり、肌に負担をかける恐れがあるということです。

適切な使用頻度はどの美顔器も週2~3回が目安になります。

毎日使用した方が肌改善につながるのでは?と思うかもしれません。

ですが、使いすぎは知らずのうちに肌に悪影響を与え、買ってはいけない美顔器につながります。

そうならないためにも注意点を守り使用を続け、年齢を重ねても美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

買ってはいけない美顔器サキナは本当?

サキナとは自宅で本格的に肌のケアができる家庭用エステ機械を販売しています。

しかし、「買ってはいけない美顔器」と検索すると、サキナが出てくるのをあなたは知っていますか。

サキナは買ってはいけない美顔器と言われるのは本当なのでしょうか。解説します。

サキナは3回まで無料でお試しでき、あなたが納得してから美顔器を購入できることができます。

また、最大で10日間お試しできるレンタルサービスもあります。しかも料金は無料です。

ええっ!無料でお試しできるの?

はい、できます!

自分の肌に合うのか購入前にお試しできるのは嬉しいサービスですね。

あなたも美顔器を購入する時、自分に合うのか、肌に変化があるのか…購入前に不安がありますよね。

サキナは実際に購入する前に、美顔器をお試しできるサービスがあります。

無料でお試しできても、初めて使用する美顔器の使い方やお手入れ方法など、分からないこともたくさんありますよね。

でも大丈夫です。

専任の担当者がフォローしてくれるので、体験でも安心して利用できます。

こういったサービスがあるのに、どうして買っていけない美顔器と言われているのでしょうか。

それは、マルチ商法と思われる販売スタイルがあるため、買ってはいけない美顔器と言われてしまうのです。

マルチ商法って?

自分が紹介した人がその商品を購入すると、紹介者(自分)にマージンが入ることです。

サキナは実際にどうなのでしょうか?

サキナの購入方法の仕組みが少し複雑なため、マルチ商法と思われてしまいます。

購入方法

①全国展開されているサキナビューティーラウンジスペースに来店

②何度かお試ししてから購入

③購入するとビューティーパートナーとなる

④ビューティーパートナー(あなた)が友人や知人に紹介して、購入するとビューティーパートナーにマージンが入る

サキナの美顔器自体には問題点ありません。

この④がマルチ商法と勘違いされ、買ってはいけない美顔器と思われてしまうのです。

販売スタイルに不安を持つあなたは、他の美顔器を選んだ方がいいでしょう。

サキナの美顔器は3種類

サキナ美顔器は1種類ではなく3種類あります。

それぞれどんな特徴があるのでしょうか、みていきたいと思います。

サキナ ピノ

3種類のなかで価格は最もリーズナブルで本体価格229,800円(税込み)になります。

初めてホームエステを使用するあなたの入門マシンにおススメです。

好きな場所に持ち運びできるので、気分に合わせてお手軽にエステができます。

サキナ ルルシェ

置き場所を選ばないコンパクトタイプで、本体価格は325,700円(税込み)になります。

特徴

  • ダブルスチームで左右バランスよく水分をたっぷり与えてくれる
  • 赤外線ランプでじんわり肌を温め、化粧品の浸透をよくしてくれる
  • オートスイング機能で効率アップ
  • 微弱電流で肌と頭皮を刺激してくれる
  • クレンジングや洗顔では落としにくい、毛穴の汚れや皮膚表面の汚れを、肌の状態に合わせて4段階で強弱を選べる
  • ウォータータンク方式なので注水や排水が手軽にできる
  • 収納トレーは着脱式のため、掃除が簡単にできるので、いつでも清潔に保てる
サキナ ビジュー

ビジュー(宝石)は名の通り気品と使い心地がよく、本体価格は356,000円(税込み)、スタンド50,000円(税込み)がかかります。

特徴

  • ダブルスチームで左右バランスよく水分をたっぷり与えてくれる
  • 赤外線ランプで顔全体をじんわりと温め、化粧品の浸透をよくしてくれる
  • 微弱電流で肌と頭皮を刺激してくれる
  • クレンジングや洗顔では落としにくい、毛穴の汚れや皮膚表面の汚れを、肌の状態に合わせて4段階で強弱を選べる
  • コットンや綿棒など収納できるトレーや眼鏡やアクセサリーを置くトレーが左右についている
  • 女優ライトが5段階の明るさで調整でき、LEDなので省エネ
  • 電源を入れるとオリジナルサウンドが流れ、リラックスして肌のお手入れできる

サキナは家庭用エステ機とあって価格は高価になります。

レンタルサービスや無料体験をして、あなたが納得できる美顔器を購入できるといいですね。

3種類に共通した注意事項2つがあります。

ペースメーカーなど医療電気機器を体内に埋め込みしているあなた

心電計の医療電子機器を装着しているあなた

上記2つの注意事項に当てはまるあなたはサキナの美顔器を利用するのは控えましょう。

併用することで誤作動を招く場合があります。

スポンサーリンク

買ってはいけない美顔器anlanのウワサとは⁉

anlan美顔器は買ってはいけないとウワサがありますが、そのウワサは本当なのか解説します。

anlan美顔器は8つの機能を備えた温冷美顔器になります。

1台で8役もの機能を備えた美顔器なのにどうして買ってはいけないとを言われるのでしょうか。

それは、

  • 充電の減りが早い
  • コットンがはめにくく外れにくい
  • EMS機能を最弱にしても結構ピリピリする
  • ヘッドが大きいから鼻周りや目の周りにフィットしにくい
  • 詳しい説明書がなく使い方が分からない
  • 吹き出物ができた

といった口コミがあります。

1番大きい理由として、使い方の説明不足ではないでしょうか。

8つの機能を備えた美顔器なのに、それぞれの使い方が分からないと、せっかく買っても宝の持ち腐れになってしまいます。

結果、買ってはいけない美顔器と言われてしまいます。

しかし、1台で8役の機能が付いてるのは嬉しいですよね。

嬉しい8つの機能
  • 音波振動
  • EMS微電流
  • イオン導出
  • イオン導入
  • 温熱ケア
  • 冷却ケア
  • 青色LED
  • 赤色LED

これだけの機能を備えた美顔器はanlanだけになります。

何個も美顔器をもつ必要なく、1つでいろんな肌ケアができることはコスト面を考えてもお得ですね。

肌の状態によっては、使用できない機能もあります。

なので、上記で説明した買ってはいけない美顔器のメリットとデメリットや注意点を参考にその日の肌のコンディションに合わせて使用することをおススメします。

スポンサーリンク

買ってはいけない美顔器ヤーマンの真実

美顔器でお馴染みのヤーマンですが、買ってはいけない美顔器と言われていることを知っていますか?

人気トップ10に入るヤーマンのRF美顔器「フォトプラスEX」の買ってはいけない真実とは⁉を解説します。

RF美顔器 「フォトプラスEX」は1台で6つの機能を持っているオールインワン美顔器です。

嬉しい6つの機能

CLEANモード

イオン導出で、じんわりあたためて、毛穴の汚れを吸着します。

MOISTUREモード

イオン導入で肌に美容成分を浸透させ、うるおいのある肌へ導きます。

EYE CAREモード

公式通販限定モデルのみ微弱電流のマイクロカレントを搭載しており、。この専用モードできめ細やかなケアができます。

EMSUPモード

RF(※1)で肌をあたため後、自分では動かしにくい表情筋を電気信号で刺激しリフトアップにつながります。

公式通販限定モデルは、W波EMS(※2)を搭載しているのでさらに、複雑な刺激で効率のいいお手入れができます。

※1 RF…水分に反応して深部から肌を温めてくれる高周波

※2 W波EMS…低周波と中周波をあわせ持つEMS

RFLEDモード

業務用機器で話題になっている、記述を搭載しています。

赤色LEDは、光・LED美顔器の中で、肌により深く浸透する色です。

新陳代謝や血行がよりよくなるので、アンチエイジング効果が大きいです。

COOLモード

ヘッドを付け替えなくても、お手入れ後の肌をクールダウンできます。

1つの美顔器で温冷美容ができるのも魅力ですね。

フォトプラスEXにはもう1つシリーズがあります。

それは「フォトプラウEX スムース」です。

こちらのヘッドは医療にも使われているグレードの高いステンレスヘッドとなっているため、敏感肌のあなたの安心して使用できます。

ヤーマン美顔器は買ってはいけないわけではなく、むしろ逆で、使用することで肌の変化を実感できるという声がたくさんありました。

スポンサーリンク

買ってはいけない美顔器リファカラットとは?

そしてもう1つ、買っていけないと言われる美顔器には「リファカラット」が挙げられることもあります。

なぜリファカラットを買ってはいけないのか?については下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

買ってはいけない美顔器NEWAリフトって?

買ってはいけないと言われている最後の美顔器はNEWAリフトです。

こちらはラジオ波の美顔器なのですが、なぜ買ってはいけないといわれているのでしょうか?

そもそもNEWAリフトは、引き締め効果に特化した美顔器となっています

そのため、引き締め効果以外を期待している方には正直おすすめできません。

その他にもデメリットはあります。

  • 専用のジェルが必要
  • 値段が比較的高い

NEWAリフトは専用のジェルが必要で、1本3,850円(税込)。

定期購入の場合には850円(税込)の送料が無料になります。

1本で1か月半ほど使えるようですが、本体自体も初回のジェルが1本ついて65,230円(税込・定期購入の場合)とかなりのお値段。

気軽にお試ししようかな♪…という金額ではありませんよね。

では、NEWAリフトにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 引き締め効果専門の美顔器
  • 肌のたるみを集中的にケアできる
  • 1日おきでいいから続けやすい
  • 定期購入の回数に縛りがないのでいつでも解約OK
  • 良い口コミが多い

とにかく引き締めに特化したNEWAリフト。

2回使っただけでもたるみケアに手応えを感じた!

1年使っていたら法令線が気にならなくなった!

目尻が上がってぱっちり、化粧のりもいい。

1か月使い続けたら家族に「顔がシャープになった」と言ってもらえた。

など、NEWAリフトの口コミは「本当に!?」と思うくらい良いものがたくさんありました。

特に、2回目から効果が実感できるなんて…、本当ならめちゃくちゃ嬉しいですよね。

というわけで、実際にNEWAリフトを使ってみた感想を知りたくないですか?

あなたがNEWAリフトを買って後悔しないための情報が盛りだくさんなので、興味のある方はこちらの記事もどうぞ↓

そんなNEWAリフトの公式サイトはどれ?という方はこちらです↓

スポンサーリンク

まとめ

  • 肌に合わない美顔器を使用すると逆に肌荒れをする
  • 美顔器の使用は週2~3日がベストである
  • 家庭用エステ機サキナは美顔器は優れているが、購入方法が複雑である
  • anlan美顔器は使い方の説明が不足している
  • anlan美顔器は嬉しい機能が8つもついている
  • ヤーマン美顔器は肌の変化を実感できる

買ってはいけない美顔器とは、自分の肌に合わない美顔器を使用することです。

間違った使用方法をすると、逆に肌荒れを起こします

結果、思うような肌にならなかったため、買ってはいけない美顔器と思うのではないのでしょうか。

お肌を綺麗に保つために買った美顔器が、買ってはいけない美顔器にならないように、買う前には注意点を確認して買うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました