タマホームで500万円の家が建つらしいけど間取りは一体どんなの?

住まい
スポンサーリンク

「タマホーム 500万円の家」というキーワードを聞いたことはありますか?

えっ!500万円で家が建てられるの?

500万で建てられたとしても間取りはどうなるの?

キーワードを聞いただけで疑問に思うことがたくさん浮かんできますよね。

本当にタマホームでは500万円で家が建てられるのか、一体どんな間取りの家になるのか、とても気になりますよね。

また「タマホーム 500万円の家 間取り」ではなく「タマホーム 550万円の家」というキーワードも多く検索されていたようです。

タマホームというかなり信頼のある会社が取り扱っている家であるから価格が安くてもそれなりにいい家なのではと感じるかもしれません。

はたまたタマホームではあるけれど500万円のかなり安い家なのだから品質的に良くない家なのではと思う方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は「タマホーム 500万円の家 間取り」というキーワードについて調べてみました。

実際にタマホーム以外で建てられる500万円の家も後半に紹介していますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

タマホームの500万円の家の間取りはどんな感じなのか

では実際タマホームの500万円の家の間取りはどんなものなのか調べてみました。

そもそも結論から言ってしまうとタマホームでは実際500万円で家を建てることはできません。

以前タマホームでは「大安心の家5シリーズ」というキャンペーンを行なっていました。

「大安心の家5シリーズ」とはタマホームで500万円台で新築一戸建が建てられるという内容でした。

タマホームの「大安心の家5シリーズ」で建てられる家は規格住宅で、あらかじめ間取りやデザインなどが決まった家を建てることができます。

平家や2階建てなども選ぶことができ、20タイプのプランからご自身の好きな家の仕様を決めることができました。

「大安心の家5シリーズ」で建てられる家のなかで一番安く建てられた家が平家の家で、本体価格が537万円の家だったのです。

実際の間取りはどんなものなのかを調べてみたのですが、「タマホーム 500万円の家」がよく検索されていた時期が2011年〜2016年頃であるためどこにも記載がありませんでした。

タマホームの公式ホームページからもすでに削除されています。

タマホームの500万円の家ですがこの500万円というのはあくまでも本体価格の値段となります。

そのため実際に購入となると500万円以上のお金がかかってしまうのが事実です。

実際に人が住める状態にするには電気、水道、ガスを通さなければいけないなど、そのほかにもやらなければいけない工事などでお金はたくさんかかってしまいます。

なので本体価格以外のその他費用をあわせていくと、1番安い価格でも最終的には900万円程度はかかってしまいます。

1番安くて900万円程度なので「大安心の家5シリーズ」の平均的な家の価格は1200万円〜1300万円ほどではないでしょうか。

スポンサーリンク

「タマホーム 500万円の家」が検索されていた理由

以前「タマホーム 500万円の家」「タマホーム 500万円の家 間取り」でよく検索されたことがありました。

結論から言うと「タマホーム 500万円の家」で検索されていた理由は以前タマホームが「大安心の家5シリーズ」というキャンペーンを行なっていたからだそうです。

タマホームの「大安心の家5シリーズ」とは500万円台で実現できる新築一戸建という内容です。

「大安心の家5シリーズ」をタマホームがPRとして行なっていたために「タマホーム 500万円の家」というキーワードが検索されていたそうです。

「500万円という安い金額で新築一戸建が建てられる」というかなりインパクトのあるキーワードであったため多くの注目を浴びたのでしょう。

タマホームの「大安心の家5シリーズ」は500万円で家を建てられるというインパクトの大きさからキャンペーンが無くなった今でも「タマホーム 500万円の家 間取り」などと検索されています。

タマホームの「大安心の家5シリーズ」は現在すでに終了しているため「大安心の家5シリーズ」の家を買うことはできません。

調べてみた結果「大安心の家5シリーズ」は2011年〜2016年頃まで行われていたキャンペーンであることがわかりました。

今現在でも根強く「タマホーム 500万円の家」と検索されていることがあるので、かなり影響のあったキャンペーンであったことは間違い無いですね。

スポンサーリンク

タマホーム以外で500万円の家が建てられる

実際にタマホームでは500万円の家を建てることはできませんが、タマホーム以外のメーカーでは500万円代で家を建てられます。

調べてみた結果、タマホーム以外で実際に500万円代で建てられる家を取り扱っている会社が1社ありました。

タマホーム以外で今現在でもできる500万円の家とあわせて以前まで500万円代でできた家もご紹介していきます。

ヒラキハウジング「建つんです500」

販売価格は税込で550万円とかなり安い価格で家を建てられます。

ご自身の好きな間取りやデザインに変更することも可能です。

家の種類は平屋に限られ、木造の500万円の家となります。

友建設「夢55の家」

以前は名前の通り550万円で家を建てることができたのですが、現在は価格が見直され715万円から家を建てることができます。

500万円台で家は建てられないものの、価格が見直された現在でも家を建てるにはかなり安い価格となっているためご紹介しました。

家の種類は平屋に限られ、木造の家となります。

アーネストワン「クレイドルパレッド580」

飯田産業グループであるアーネストワンが出している人気商品です。

少人数家族をターゲットに商品が開発されています。

元々の販売価格は名前の通り580万円から家を建てることができたのですが、現在は価格の見直しが行われ販売価格は638万円となっています。

家の種類は激安で建てられる家には珍しく2階建となっていて、木造の家となります。

楽ちん住宅「R-01」

平家を主に取り扱っている楽ちん住宅の人気商品です。

かなりシンプルな間取りとなっており、無駄のない家であることが特徴です。

楽ちん住宅のホームページには販売価格が553.7万円と書かれていますが、553.7万円は税抜き価格であるため税込価格である609万円が実際にかかる値段となっています。

家の種類は平屋に限られていて、木造の家となります。

みんなの平屋「1LDK」

クレバリーホームのフランチャイズ店であるみんなの平屋の人気商品です。

みんなの平屋のホームページには本体価格が580万円と書かれていますが、税抜き価格での記載なので税込価格である638万円が実際にかかる費用になります。

家の種類は平屋に限られていて、木造の家になります。

スポンサーリンク

まとめ

  • タマホームで実際に500万円の家を建てることはできない
  • タマホームの500万円の家の間取りは不明
  • 「タマホーム 500万円の家 間取り」という検索キーワードは「大安心の家5シリーズ」からきたものである
  • タマホームの「大安心の家5シリーズ」では500万円代で実際に新築一戸建を建てることができた
  • 「タマホーム 500万円の家 間取り」は現在でも根強く検索されている
  • タマホームでは以前500万円の家ではなく500万円代で家を建てることができた
  • タマホーム以外の住宅メーカーでは実際に500万円代で家を建てることができる
  • 現在ヒラキハウジングでは550万円で平屋の家を建てることができる
  • 現在友建設では715万円から平屋の家を建てることができる
  • 現在飯田産業グループであるアーネストワンでは638万円で2階建の家を建てることができる
  • 現在楽ちん住宅では609万円で平屋の家を建てることができる
  • 現在みんなの平屋では638万円で平屋の家を建てることができる

以上が「タマホーム 500万円の家 間取り」のついての調査結果でした。

タマホームという信頼のある住宅メーカーで500万円で家が建てられると思ったら事実は違いましたね。

ですがタマホームでなくても500万円代で家を建てることができるとは驚きですね。

かなりインパクトのあるキーワードではあるため、またどこかの住宅メーカーが真似をするでしょう。

安く家を建てたいという方はタマホーム以外を探してみるといいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました