仕事でミスが多いから会社を辞めたい!仕事でのミスをなくす対策9選

暮らし
スポンサーリンク

仕事でのミスが多いと、「いっそのこと仕事を辞めてしまいたい」と感じてしまうことはありますよね。

何度も注意されたことなのに、なぜかまた同じミスをしてしまう。

自分ではミスをしないよう意識しているはずなのに、知らないうちに仕事のミスが多い状態になってしまう。

先輩や上司からは仕事ができない奴と思われているのではないかと、不安な日々を過ごす。

もういっそのこと、会社を辞めてしまった方がいいいのではないかと自己嫌悪になってしまう。

特に社会人になりたての方や新しい会社に入ったばかりの方は仕事でのミスが多い状態が続くと、せっかく頑張って入った会社でも「辞めたい」という気持ちに駆られてしまいますよね。

そんな自分を責める日々にはもうおさらばし、会社を辞めたいと考えるのはやめましょう!

今回の記事では仕事でミスが多く仕事を辞めたいと思っている方に向けて、仕事でミスをしないための対策をご紹介していきます!

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

仕事でのミスが多いから会社を辞めたい

仕事でのミスが多く会社を辞めたいと考える方には、以下の原因が多いです。

  • 仕事に慣れていない
  • 職場の環境が良くない
  • 会社や上司の教育に問題がある
  • 会社がブラック
  • 仕事の細かい確認をしていない
  • 仕事が自分に合っていない

仕事でのミスが多い原因は人によってさまざまです。

せっかく入社できた会社なので、ミスが多いことを理由に会社を辞めたいと考えるのはのはもったいないですよね。

辞めたいと考える前に、もう一度ご自身の環境や行動を振り返ってみましょう。

以下で1つずつ解説していきます。

仕事に慣れていない

初めての職場や仕事を任されているのなら、仕事に慣れていないのでミスは多くて当たり前です。

仕事内容や会社の環境に慣れていないと会社の上司や先輩に教わりながら仕事を進めていくので、仕事の流れを理解するまでに時間はかかります。

教わることと仕事をこなしていくことが同時進行になっているために、ミスが多くなってる可能性があります。

あなただけがミスが多いわけではなく、会社の先輩や上司も同様に仕事に慣れていない初期の頃はミスを繰り返しながら成長してきたはずです!

深く落ち込む必要はありません!

今は成長過程の一部だと思ってコツコツと仕事に向き合っていきましょう。

職場の環境が良くない

仕事でミスが多くなる原因の1つには職場の環境が原因となり、ミスが多くなっている可能性もあります。

職場の環境が良くない例としては、書類や商品などがそこら中に散らばっている、整理整頓のされていないデスク、掃除がされていない汚れたオフィスなどが挙げられます。

職場での環境が良くないとなかなか集中して仕事に取り組めず、探し物が見つからないなど必要のない仕事まで増えてしまいます。

また職場の環境が騒がしい場合もなかなか仕事に集中が向かなくなります。

人間が集中できる状態になるまでにかかる時間は約23分かかると言われています。

騒がしい環境で集中しろと言われても無理がありますよね。

仕事でのミスが多いと感じる場合は自身から整理整頓などを試みるか、それでも集中できないと感じるのなら思い切って職場を変えてみても良いかもしれませんね。

会社や上司の教育に問題がある

新しい仕事を教わるのは、会社や上司からですよね。

仕事でのミスが多い場合そもそも会社や上司の教育の仕方に問題があるのかもしれません。

例えば上司の指導があまりにも雑だったり、会社のマニュアルが細かくなかったり。

会社や上司の教育に問題があると、あなたが覚えられた仕事も覚えられるはずがありません。

他にも上司によって教え方ややり方が違っていたりすると、一体誰の言葉を信じて良いのかがわからなくなってしまいます。

上司や会社の教育に違和感を感じている場合は仕事のミスが多くなる原因はあなたが悪いわけではなく、あなたへの教育にあると考えても良いかもしれません。

会社がブラック

あなたの会社は長時間働かされたり、給料が低かったりしていませんか?

もし当てはまるなと感じているのなら、あなたの働いている会社はブラックな会社なのかもしれません。

入社したての頃は新しい環境で新しい仕事を教わるので、ウキウキワクワクといった感情で満たされているかもしれません。

しかしあなたの働いている会社がブラックな会社であると、働いても働いてもどんどん仕事は増え働いている割には給料が低いという悩みが生まれてきます。

やがて心身ともに疲れ切ってしまい、ストレスとなってしまいます。

人間はストレスが溜まってしまうと集中力や判断力が低下してしまい、やがて仕事への影響が出てきてしまいます。

またストレスの溜まる環境で仕事をし続け仕事でのミスが増えてきている場合、うつ病の初期症状である可能性もあります。

長時間労働やなんらかのハラスメント、低賃金などの仕事場で働いている方は一度ご自身の心と体に向き合う時間をつくってみましょう。

仕事の細かい確認をしていない

仕事に取り掛かる際や書類を提出する際、あなたは再度細かい確認をしているでしょうか?

仕事でのミスが多い人の中には細かい確認作業を行わない人がいます。

仕事での注意点や手順をちゃんと理解していなかったり、書類に抜けがあることが多い人は確認不足である可能性が高いです。

特にADHDや多動性などの特性のある方はじっと長い時間集中していることが苦手なので、仕事でのケアレスミスが多いです。

自身の特性は無理に治すのではなく自身のことをしっかり理解し、どう補えば仕事でのミスが多くなくなるかを探し出してみましょう。

記事後半には仕事でのミスを減らす対策をご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでいってください!

仕事が自分に合っていない

仕事でのミスが多いことに対して対策をしたにもかかわらずなかなかミスが減らない場合は、そもそも仕事があなたに合っていない可能性が高いです。

例えば人とのコミュニケーションがあまり好きではないのに営業職の仕事をしている、数字を見るのが苦手なのに経理の仕事をしているなど。

あなたに合っていない仕事であるなら、どんなに仕事に集中してミスをしないようにしてもミスは起こってしまいます。

もしあなたに思い当たる節があるのなら、良い機会なのでご自身に合った仕事は一体なんなのかを考えてみるのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

仕事でのミスが多いのはうつなのではないか

厚生労働省の調査では日本で人生のうちうつ病にかかったことのある人はおよそ15人に1人であるという結果が出ています。

うつ病は今では珍しい病気ではありません。

仕事でのミスが多いという方はもしかしたらうつ病が原因かもしれません。

うつ病は日常生活に支障をきたす恐れがあり、仕事でミスが多い状態を作り出している可能性があります。

以下でうつが原因で仕事でのミスが多い方の特徴をご紹介していきます。

ケアレスミス

うつ病の症状として分かりやすいのは、仕事そのもののパフォーマンスが下がることです。

ケアレスミスはうつ病症状の代表格です。

誤字脱字や計算ミス、スケジュールの確認ミスなどが見受けられる場合はうつ病である恐れがあります。

社内でのコミュニケーションが足りいない

元々元気な性格だった方でもうつ病になってしまうと人とのコミュニケーションを避ける場合があります。

自ら人に話しかけない、飲み会などを避けるようになったらうつ病の症状であると考えられます。

仕事中に睡魔に襲われる

デスクワーク中の居眠りや会議中の居眠りなどはうつ病の症状である可能性があります。

その他にも夜なかなか寝付けない、朝は目覚ましよりも早く目が覚めてしまう、夜中に何度も目が覚めてしまうなどはうつ病が原因かもしれません。

「睡眠障害」のある方はうつ病である可能性が高いです。

落ち着きがなくなる

集中ができないや判断力の低下により不安になったり落ち着きがなくなる、じっとしていられないという方はうつ病である疑いがあります。

最近じっとしていられないという方は、もしかしたらうつ病なのかもしれません。

気分が上がらない

朝なぜか気分が落ち込んでしまう、悲しい気持ちになるという方はうつ病である可能性があります。

また仕事中もネガティブな発言が増えるなどの傾向もあります。

スポンサーリンク

仕事でのミスが多い日々におさらばするための対策

仕事でのミスが多い日々を過ごすのはもうやめましょう。

仕事でのミスを減らすための対策を9個まとめてみました。

  • 上司や先輩に報告、連絡、相談する
  • 同僚や友達に相談する
  • メモやチェックリストを作成する
  • デスクを片付けておく
  • 時間に余裕を持って行動する
  • 仕事の本質を理解する
  • 食事や休みをしっかりとる
  • 優先順位をつける
  • ミスを気にしすぎない

仕事でのミスを減らすためには対策を練ることが大切です。

以下でミスを減らす対策を1つずつ解説していきます!

上司や先輩に報告、連絡、相談する

仕事でのミスが多く仕事を辞めたいと考えている方は1人で悩まずに先輩や上司に報告、連絡、相談をしましょう。

先輩や上司はあなたのミスが起こりそうな場合、事前に察知できるかもしれません。

事前に仕事の進歩状況などを上司や先輩に報告や連絡をしておくことで仕事でのミスを事前に防ぐことができます。

上司や先輩に確認をしない人の多くは「思い込み」や勝手な判断をしがちな人が多いです。

昔から報告、連絡、相談は仕事では必須であると言われていますよね。

上司や先輩には相談、連絡、報告を癖づけるようにしておきましょう。

同僚や友達に相談する

仕事での悩みや相談を聞いてくれる上司がいるのであれば安心ですが、なかなかそうもいかないのではないでしょうか。

だからといって悩みや辛い気持ちを自分1人で抱え込むことは心にも体にも良くありません。

1人で抱え込むことによりストレスとなり、仕事でのミスが多くなります。

上司や先輩に打ち明けられない悩みなどがあるのであれば、同僚や友達に相談してみてはいかがでしょうか。

同僚や友達に話すことにより心にゆとりが生まれ、仕事に対しても余裕が生まれます。

人に話すだけで仕事でのミスが減るのは素晴らしいことですね。

メモやチェックリストを作成する

仕事でのミスを減らす対策として1番効果的なのはメモやチェックリストを作成することです。

人の記憶は1日経てば70%は忘れてしまうと言われています。

先輩や上司に仕事を教わるときはもちろん、仕事で実際にミスをしてしまった時にミスをした内容をメモやチェックリストに記入しておくと同じミスを繰り返さなくなります。

メモを取る際のコツをまとめてみました。

  • 後で自分が読めるように綺麗な文字で書く
  • 細かい情報もメモしておく
  • 仕事終わりに書いたメモを整理する
  • 疑問に感じたことをチェックリストに記入する

上記の3つのコツを取り入れてメモやチェックリストを作成することで仕事の効率が格段に上がります。

またメモをっとているあなたの姿は上司や先輩からの印象も良く、もし仕事でのミスをしてしまったとしたも快く助けてくれるでしょう。

逆にメモを取らずに仕事をしていると「なぜメモしていない」と先輩や上司に良くない印象を与えてしまうので、メモやチェックリストは作成しておくようにしましょう。

デスクを片付けておく

仕事でのミスが多い人は作業スペースやご自身のデスクが散らかっていることが多いです。

デスクなどが片付いておらず散らかっていると集中しにくくなり、注意力が散漫になります。

さらに集中力が散漫になるだけでなく、必要なものや書類がすぐに見つからず仕事のスピードが落ちてしまいます。

デスクや目に入る場所を常に片付けておくことで、頭の中も整理されクリアな状態で仕事をすることができ仕事でのミスが減ります。

仕事に取り掛かる際はご自身のデスクは片付けておくようにして、仕事のミスを減らしていきましょう。

時間に余裕を持って仕事する

仕事でのミスが多くなる要因としては、あなたは心に余裕がなくなり焦っている可能性があります。

あなたの1日にスケジュールを立て、計画的に仕事をすることで心と時間に余裕が生まれ仕事でのミスが減ります。

またスケジュールを立てる際の注意点は無理に仕事を詰め込まないことです。

せっかく1日の予定を計画しても仕事を多く詰め込んでしまうと、また時間に追われることになりミスが増えてしまいます。

時間に余裕のあるスケジュールをたて、仕事でのミスを減らしていきましょう。

仕事の本質を理解する

仕事の手順や効率ばかりに意識が向いてしまっていると、仕事に慣れてきた頃にミスが多くなってしまうことがあります。

「今自分の担当している仕事は一体なんのためにやっている仕事なのか」という仕事の本質を改めて理解することが大切です。

仕事をしているうちに目的や本質を見失ってしまっては、やるべき作業がわからなくなってしまいミスが多くなってしまいます。

仕事の本質を再確認することにより仕事に対する気持ちが引き締まり、仕事でのミスが多くなることを防ぐことができます。

食事や休みをしっかりとる

一見仕事とは関係ないように見えますが、規則正しい食事を取ることやしっかりと休みを取ることは仕事でのミスを減らすことができます。

夜ふかしや朝食をとらないなどは脳の働きを妨げてしまいます。

脳が働くには脳のエネルギー源であるブドウ糖が必要になります。

しかし食事や休みととっていないとブドウ糖不足の状態になってしまい、ここぞというときに脳は働けなくなり集中ができなくなってしまいます。

防げたはずのミスをしてしまうのはもったいないですよね。

食事や休みはしっかりととり健康的な毎日から仕事でにミスを減らしていきましょう。

おすすめの方法としては1日の終わりにぬるま湯に浸かると副交感神経が刺激され、心も体もリラックスすることができますよ。

優先順位をつける

限られた時間で仕事をこなし、ミスをしないようにするには「優先順位を間違えないこと」が重要となってきます。

おすすめの優先順位に決め方は「すぐに取り掛かれる仕事」「すぐに効果の出ること」を優先させるという決め方です。

仕事でにミスが多いと感じている人は目の前のできる仕事から手をつけ、後に余裕を残すことでミスを減らしていくことができます。

ぜひあなたの担当する仕事には優先順位をつけて取り掛かるようにしていきましょう。

ミスを気にしすぎない

ミスを気にしすぎてしまうとかえってミスを引き起こしてしまう可能性があります。

細かなミスを気にしすぎてしまうと視野が狭くなり、本来であればしないはずのミスもしてしまうかもしれません。

ミスをしないよう意識して仕事をすることは大切なことですが、ミスを気にしすぎも悪影響となります。

細かなミスは気にしすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • 仕事でのミスが多く辞めたいと考える前になぜミスが多くなってしまっているのかを考えてみる
  • 仕事でのミスが多い原因はあなたが仕事に慣れていないや仕事場の環境が良くないなどが考えられる
  • 仕事でミスが多い場合はうつ病の可能性も
  • 仕事でのミスが多い状態を防ぐための対策としては、デスクを片付けておくや食事や休みはしっかり取るなどの対策がある
  • 仕事のミスが多い状態を減らす1番の対策は「メモやチェックリストを作成する」ことが効果的である

以上が仕事でのミスが多く会社を辞めたいと考えている方へのミスをなくす対策9選でした。

仕事でのミスが多くなるのはあなただけが経験していることではありません。

会社を辞めたいと考える前にぜひ今一度自分自身と向き合い、記事に書かれていることを実行してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました