徹底解説!ドラム式洗濯機を二度と買わない人達の驚きの理由とは!?

暮らし
スポンサーリンク

あなたのお使いになっている洗濯機はどちらでしょうか?ドラム式洗濯機?それとも縦型洗濯機?

私の周りには縦型洗濯機を使っている人が多く、ドラム式洗濯機を使っている人は、あまりいません。

私も買う時にドラム式か縦型で悩みましたが、今現在縦型洗濯機を使っています。

二度と買わない理由として「一度使ったけど不便だったし二度と買わない」「修理してもらったけど修理代が高かったから次壊れても二度とドラム式は買わない」と思う人も。

また「メンテナンスや日頃の掃除が面倒」と言った方もいるでしょう。

どうしてドラム式洗濯機を使う人が少ないのか気になりませんか?

ドラム式を使わない理由って何かしら?

詳しくドラム式ついて知りたいな!

という事で今回はドラム式洗濯機を二度と買わない理由。

縦型洗濯機との比較などいろんな情報をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機を二度と買わない理由とは!?

ドラム式洗濯機を一度買った方がもう二度と買わない理由として挙げられるのは以下の4点です。

洗浄力の弱さ・メンテナンス・本体価格が高い・修理代も高額といった理由があるそうです。

それでは1つずつ説明していきましょう。

洗浄力の弱さ

一般的な汚れと言うのは「泥汚れ」「水溶性の汚れ」「油汚れ」の3つです。

ドラム式洗濯機は上から下に洗濯物を落として洗います。それを「たたき洗い」と言います。

たたき洗いと揉み洗いを駆使して汚れを落としてくれます。

「本当に弱いの?」と疑問に思ったあなた。たたき洗いは泥汚れに弱いのです。

縦型との洗浄力はさほど変わらないと言われていますが、汚れの種類によっては、落ちない汚れもあるそうです。

メンテナンスの必要性

乾燥機能が備えられたドラム式洗濯機は、ほこりが溜まりやすいそうです。

このほこりが原因で、マメに掃除しておかなければ、故障に繋がる恐れも。

業者さんに頼んで分解掃除も出来るようですが、25,000円ほど支払う事もあります。

結構な出費ですよね…。

この高額なメンテナンス料金も二度と買わない理由みたいです。

本体価格が高い

ドラム式洗濯機は、とにかく高いです。

売られているドラム式洗濯機のほとんどが10万円以上と高価です。

容量やサイズが大きくなればその分値段も上がってしまいます。

修理費も高額

本体価格も高額ですが、修理代も高額と言わています。

故障内容にもよりますが、8万円近くする場合も。

高額の修理代を払うなら、新しく買い替える事も検討しますよね?

本体価格も修理費用もなかなかの値段で簡単には手が出せない品物ですね。

こういった理由でドラム式洗濯機を二度と買わない人が増えている様です。

洗濯機1台で10万円以上は高いですね。

メンテナンス料もなかなかいい値段しますね。

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機で二度と損しない為に特徴を知ろう

先ほど二度と買わない理由をご紹介しましたが、そもそもドラム式洗濯機の特徴をあなたはご存じですか?

ここでは二度と損しないようにまずは簡単にドラム式洗濯機の特徴をご紹介したいと思います。

ドラム式の特徴は、水量が少なく乾燥機能が搭載されているのが特徴とされています。

ドラム式の入り口は斜めで、縦型と違って洗濯槽が斜めか横の状態で回ります。

そのため洗濯物は洗濯機の中で上から下に落ちる動きをします。

この動きが「たたき洗い」と先ほど説明しました。

ドラム式は乾燥機能が搭載されていますが、この乾燥機能がとても優れていると言われています。

上から落ちる時に温かい風が洗濯物に当たるため、短い時間でふんわりと仕上げてくれます。

乾燥機を使うと電気代の心配がありますが、近年は省電力方式になったため消費される電力はだいぶ下がっているそうです。

ドラム式洗濯機の寿命は7年~10年。寿命に関しては縦型と同じようです。

短い時間でふんわりと仕上げてくれるのは嬉しい!

二度と損しないためにドラム式洗濯機の特徴をまとめてみました。

やはり特徴を知ることも大事だと思います。

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機で二度と損しない為の縦型との比較!

続いては縦型洗濯機との比較をまとめてみました。

ドラム式洗濯機で二度と損しない為にも縦型洗濯機との比較は大事だと思います。

それぞれのメリット、デメリットを交えてご紹介していきたいと思います。

ドラム式のメリットデメリット

・節水性が高い

ドラム式洗濯機は少量の水でたたき洗いをしてくれるので節水性は高いと言われています。

・家事の手間

ドラム式洗濯機は乾燥までやってくれるので干す手間が省けます。

またドラム式の方が隅々まで風が届くので、短時間でふんわり仕上げてくれます。

・物が置ける

ドラム式洗濯機は、蓋が前についているので、本体の上の部分に物が置けるのも喜ばれるポイント!

しかし、洗濯中の振動で落下する可能性もあるので気をつけましょう。

・価格

縦型洗濯機に比べると価格ははるかに上です。

価格は10万円~30万円と幅広く簡単に買えるものでは無いですね。

・スペース

ドラム式洗濯機はとにかく大きく、なおかつ扉が前に開くのでスペースも考えなければいけません。

コンパクトタイプもありますが、それでも縦型よりは大きいです。

ドラム式洗濯機は見た目がおしゃれで、干す手間が省けるのは主婦にとってはとっても嬉しい事ですよね。

毎日使う物なので、必要なのは分かりますが、やはり気になるのが値段ですよね…。

10万円~30万円ってなるとなかなか簡単には買えず、二度と買わないかもしれないですね。

縦型洗濯機のメリットデメリット

・洗浄力の高さ

縦型洗濯機は大量の水で「こすり洗い」をしてくれるため、泥汚れに強いです。

・スペース

ドラム式洗濯機に比べてサイズがコンパクトなので、設置場所に悩む事は少ないでしょう。

・価格

ドラム式洗濯機に比べてだいぶ安く売られています。

・節水性

縦型洗濯機は大量の水を使って洗うのであまり節水にはなりません。

・傷みやすい

こすり洗いで洗うと、洗濯物が絡んでしまいます。絡むと生地を傷めてしまう恐れがあります。

・大型の洗濯物

大型の洗濯物(毛布など)を洗う時、上からの出し入れになるので動作としてはなかなか大変。

縦型洗濯機の高い洗浄力とドラム式より安いというのが魅力ですね。

簡単ではありますが二度と損しない為に縦型洗濯機との比較をメリットとデメリットを交えてまとめてみました。

やはりそれぞれのメリットとデメリットを見比べて、自分のライフスタイルにあった物を見つけられるといいですね。

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機で二度と失敗しないおすすめ品は!?

いろいろと説明してきましたが、二度と失敗しないよう、最後におすすめのドラム式洗濯機を5つご紹介したいと思います。

「やっぱりドラム式洗濯機がいい!」と思っている方必見ですよ。

日立

日立ビッグドラムBD-NX120F 洗濯容量12.0㎏ 乾燥容量7.0㎏

「AIお洗濯」という特徴を持つドラム式洗濯機。

「AIお洗濯」というのは、洗濯物の量や、汚れの落ち具合に適切な洗い方、運転時間を計算してくれる優れものの機能です。

洗濯コースを選び「AI」のボタンを押しましょう。

これだけであとはAIが勝手に判断して洗ってくれます。

リモートで運転のスタートやスマホでの状況確認が出来てしまいます。

乾燥も大風量でしてくれるのでシワが少なくきれいな仕上がりにしてくれます。

日立ビッグドラムBD-SX110F 洗濯容量11.0㎏ 乾燥容量6.0㎏

洗剤と柔軟剤を自動で適切な量を入れてくれるドラム式洗濯機。

洗剤、柔軟剤を計って入れることがないため、手間が省けます。

乾燥も内部にまで大風量を送ってくれるので、シワも少なめ。

またこちらの商品はスマホと連動出来ます。「洗濯コンシェルジュ」という機能で状況確認や終了のお知らせもしてくれます。

シワが少ないとアイロンをかける手間が無くなって嬉しいですね。

シャープ

ES-W113 洗濯容量11.0㎏ 乾燥容量6.0㎏

無線LAN機能が搭載されています。スマホと連動できるので、状況確認も出来ます。またよく使う動作もお気に入り登録まで出来てしまいます。

洗剤なども自動で入れてくれるので、計る手間も無し。洗剤などの残量、手入れのお知らせもしてくれますよ。

プラズマクラスターで洗濯槽の中も除菌してくれて、清潔さが続きます。

ES-S7F-W 洗濯容量7.0㎏ 乾燥容量3.5㎏

ご紹介した中では、1番コンパクトなドラム式洗濯機です。サイズが幅64㎝、奥行きが60㎝。

限られた設置場所に置くことも出来ます。

プラズマクラスターで乾燥している時も除菌してくれます。

時短コースも搭載。傷みやすい生地の物には「おしゃれ着コース」も備えられているので、その服の生地に合った洗い方が出来ます。

また低騒音なので時間を気にしないで洗えるのも特徴です。

結構面倒な洗剤などを自動で入れてくれるのは助かりますね。

東芝

ZABOON TW-127X9 洗濯容量12.0㎏ 乾燥容量7.0㎏

「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」という目に見えない細かい泡がしっかり奥まで汚れを落としてくれます。

ウルトラファインバブルのおかげで、雑菌の繁殖を留める事も出来ます。

また洗濯槽も大きいので、たくさん洗えてコストの削減にも。

大風量の温かい風で大きな洗濯物もふっくら仕上げてくれます。

奥まで汚れを落としてコストの削減までしてくれるなんてありがたい。

ドラム式洗濯機で二度と失敗しないためにおすすめをご紹介させていただきました。

文章だけでは伝わりにくいですが、家電量販店に行き、実際に目で見て、店員さんの話を聞いて納得した上で買われることをおすすめします。

高価なものを買うには、二度と同じ間違いしたくないですよね。

スポンサーリンク

まとめ

  • ドラム式洗濯機を二度と買わない理由は洗浄力、メンテナンス、価格に問題があった
  • ドラム式洗濯機で二度と損しない為にも縦型との比較は大事
  • ドラム式洗濯機で二度と失敗しない為には自分のライフスタイルに合った物を探す事

ドラム式洗濯について説明してきましたが、見た目はおしゃれで洗剤や柔軟剤は自動で入れてくれて楽。

乾燥機能は優れているので魅力的だなと思う反面、「故障してしまったら」と思うと本体価格や修理代が高いため、二度と買わないと思ってしまうかもしれません。

ドラム式洗濯機を買って「二度と買わない」と思わないためにも、それぞれのメリットとデメリットをしっかり学んで、自分に合った洗濯機を見つけられるといいですね。

こんにちは、ゆんです♪

・専業主婦で自由に使えるお金がない
・何をするにも夫の意見を聞いてしまう
・子どもたちに好きなおもちゃを買ってあげられない
・資格がないから自分で稼げない

そんな私でしたが、今はライティング技術を学び、クラウドワークスで稼げるようになりました♪

・自分のお金で自由におしゃれをできる
・子どもたちが欲しいものを買ってあげられる
・貯金ができるようになった
・お金に困らず、心にも余裕ができた

きちんとライティング技術を学ぶことで、私の人生はすごくよく変化していきました。

お金の心配がなくなると、以前よりのびのびと暮らせるようになったのです。

初めてのアドセンス審査で1発合格した、秘密をを知りたい方は、ぜひLINE追加をお願いします。

「詳細はこちら」から友達追加をお待ちしております!

暮らし
豆ちし記

コメント

タイトルとURLをコピーしました