今すぐお金が欲しい方必見!!amazonギフト券を換金する方法とは?

マネー
スポンサーリンク

もらってうれしいamazonギフト券、今さまざまな景品で出されたりして大人気です。

でも、中にはamazonを全く利用しない、あるいは旅行などamazonで取り扱っていないものにお金を使う人はamazonギフト券をもらっても困ってしまいますよね?

また、冠婚葬祭などで急にお金がいるとき、手元に使っていないamazonギフト券があったら、換金したくなるのも分かります。

でも実際、amazonギフト券を換金なんてできるの?

お金や金券と交換しちゃダメって書いてあるよ?

そう思ったあなた、するどいですね。

でもamazonギフト券を換金する方法、実はあるらしいんです。

そこで今回は、「amazonギフト券を換金する方法」を調べてみました。

スポンサーリンク

amazonギフト券は換金におすすめ?

換金できるのはチャージ型以外のamazonギフト券です。

換金できるamazonギフト券の例
  • カード型
    • コンビニ等の店頭またはamazonサイトで購入
    • 裏面スクラッチをけずるまたはシールをはがし番号(コード)を確認するタイプ
  • 商品券型
    • amazonサイトで購入
    • 届いたら裏面シールをはがし番号(コード)を確認するタイプ
  • 印刷型
    • amazonサイトで購入
    • PDF形式でEメールに添付されるタイプ
  • Eメール型
    • amazonサイトで購入
    • ギフト券の番号(コード)をEメールで送ってもらうタイプ

どのamazonギフト券も基本的には換金できます。

ただし有効期限が切れているものは価値がなく、換金できません。

今は発行から10年が有効期限となっていますが、2017年4月24日以前に発行されたamazonギフト券は有効期限が1年~3年と短く、期限切れとなっていますので、ご注意ください。

ではどのような方法でamazonギフト券は換金できるのでしょうか?

金券ショップで換金できる?

残念ながらamazonギフト券を金券ショップに持ち込むのはおすすめできません。

カード型や商品券型のamazonギフト券なら、街の金券ショップに持ち込めば換金してくれるのでは?と思いがちです。

しかし多くの金券ショップではamazonギフト券を取り扱っていません。

理由はいくつかありますが、1番大きな理由は「amazonギフト券の有効性を確認する方法がない」ことです。

amazonギフト券には偽造防止の処理などがされていません。

実際にamazonギフト券を使うときに重要なのは、カードや商品券そのものではなく、「番号(コード)」だからです。

金券ショップでは偽造品や盗品の可能性があるものは取り扱いできないことになっています。

また、番号(コード)が隠されているので、持ち込まれたamazonギフト券の残高をその場で確認することはできません。

裏のスクラッチをけずってなければ未使用品って分かるんじゃないの?

善良な市民ならばそう思ってしまいます。

かつては金券ショップでも同じように思い、amazonギフト券を扱っていたようです。

しかし、裏面をけずらなくても特殊な方法で番号(コード)をスキャンし、未使用品に見せかけた残高ゼロのamazonギフト券を持ち込む詐欺が横行しました。

そのため、多くの金券ショップは取り扱いをやめたのです。

フリマアプリで出品できる?

結論からいうと、フリマアプリでamazonギフト券を出品するのはおすすめできません。

メルカリではギフト券や商品券など、金券の出品は禁止されています。

ヤフオクではamazonギフト券の出品が可能です。

しかし、amazonギフト券の利用規約には違反することになります。

amazon側に見つかった場合、アカウントの利用停止などペナルティが課せられる可能性があります。

リスクが大きいのでフリマアプリでは、amazonギフト券を出品しない方が良いでしょう。

後述する買取サイトで断られたけど、どうしても換金したい場合などに、出品してください。

その際amazonギフト券の番号(コード)をEメールで送るのか、郵送にするのかを明記するとトラブルを避けられます。

手数料や送料を考えた上で、金額を設定しましょう。

すぐには買い手がつかない場合が多いので、換金には時間がかかります。

またさらに時間がかかりますが、amazonギフト券を使ってamazonで高額商品を購入し、フリマアプリに出品することで最終的に換金するという方法もあります。

ギフト券買取サイトを利用する

ネット上にはamazonギフト券やiTunesカードなど、電子ギフト券を専門に買取しているサイトが存在しています。

チャージ型以外のamazonギフト券なら大体応じてくれますが、最近はコンビニで購入されたamazonギフト券は買取しない方針のサイトが増えています。※理由は後述します。

最も換金率が高く、面倒な作業が少ないので、おすすめなのはEメール型です。

Eメール型のamazonギフト券は郵送の手間がない分、早く換金してくれます。

  1. 買取サイトへ申し込む
  2. amazonギフト券の番号(コード)をEメールで送る
  3. 買取代金が振り込まれる

手順はこれだけです。

買取を申し込んでから平均30分~1時間後には自分の口座に入金されています。

初めて利用する人は換金率が高くなっていて90%くらい、2回目以降は80%くらいが相場のようです。

キャンペーンを利用するともう少し高く売ることができます。

できるなら複数のサイトで見積もりをもらうと、比較できますし、値上げ交渉にも使えます。

なお、悪徳業者も存在していますので、サイト選びは慎重におこなってください。

スポンサーリンク

amazonギフト券の換金は違法?

もらったamazonギフト券を換金するのではなく、資金調達の手段として自分で購入したamazonギフト券を買取サイトで換金している人もいるようです。

支払いが迫っているけど、手持ちのお金がどうしても足らない場合に、クレジットカードで購入したamazonギフト券を換金するのです。

クレジットカードで買えば請求は1か月~2か月後になり、支払いまでの余裕ができます。

こうした利用方法を警戒し、普通の金券や商品券はクレジットカードでは購入しにくい仕組みになっています。

しかし、amazonギフト券はクレジットカード購入が可能なのです。

さらに

  • 買取の換金率が安定して高い
  • 国内ネット通販で最大シェアを誇るamazonのブランド力がある
  • 審査なしで現金調達が可能
  • クレジットカード現金化より安全性が高い

という理由でお金に困っている人に人気となっています。

今後どうなるかは分かりませんが、今のところはクレジットカードの現金化や、amazonギフト券の現金化を取り締まる法律はありません。

法律がない以上、違法行為として警察に捕まることはありません。

違法ではありませんが、クレジットカード会社やamazonの利用規約には違反する行為です。

amazonギフト券の換金が発覚した場合、相応のペナルティが課されます。

ペナルティの例
  • クレジットカードの利用停止および強制解約
  • amazonアカウントの利用を終了もしくは停止
  • amazonの注文をキャンセルもしくは制限、カード以外の支払い方法が要求される
  • 購入したamazonギフト券がロックされる

amazonギフト券の換金を疑われるような条件があります。

以下の条件に当てはまる購入の仕方をすると、クレジットカード会社とamazonから目をつけられるかもしれません。

amazonギフト券換金を疑われる条件
  • クレジットカードのショッピング枠いっぱいまでamazonギフト券を購入
  • 高額のamazonギフト券を連続で購入
  • 新規発行したばかりのクレジットカードで高額のamazonギフト券を購入
  • amazonアカウントと違う名義のクレジットカードで高額のamazonギフト券を購入

換金を疑われ、セキュリティーロックがかけられた場合、amazonから確認の電話が入ることもあります。

そのときに「換金した」という趣旨の発言をしてしまうと、完全にアウトです。

ペナルティ決定となりますので気をつけましょう。

amazonギフト券のロック

正規より安いからという理由で売買サイトでamazonギフト券を購入した場合、そのamazonギフト券はロックされている可能性があります。

ロックされたamazonギフト券を買取サイトに持ち込むと、犯罪に加担することになるかもしれません。

架空請求の詐欺など違法行為で、現金の代わりにamazonギフト券が利用されることがあります。

現金より足がつきにくい、コンビニで簡単に購入できるという理由からです。

こうした詐欺グループが不正に入手したamazonギフト券は、次のようなルートで一般に流通しています。

不正入手されたamazonギフト券の流れ

詐欺グループが不正入手

買取サイトで換金

買取サイトは売買サイトに出品

10%OFFで売られ、何も知らない一般人が購入

買取サイトも現在はこうした不正入手のamazonギフト券を売買しないよう、コンビニで購入されたamazonギフト券を買取不可としているところが多いです。

不正入手したamazonギフト券、あるいは不正入手の疑いがあるamazonギフト券にはロックがかけられています。

ロックとは一時的に使用できなくなることで、残高は確認できるのに使用できない状態です。

amazonカスタマーセンターに連絡すれば、ロックが解除される可能性がありますが、非正規の販売サイトから購入するとその解除が容易ではありません。

さらにギフト券が無効化されてしまうと残高は消えてしまいます。

無効化されてamazonカスタマーサービスに連絡しても返品返金を一切受け付けてくれない上、最悪アカウント閉鎖となります。

たとえ換金が目的だったとしても、違法な犯罪行為に加担することのないよう、amazonギフト券は公式サイトや正規販売店で購入する方が良いでしょう。

また、その際も換金目的が疑われるような購入の仕方は避けるべきです。

購入したamazonギフト券がロックされてしまいます。

ここまで資金調達のためにamazonギフト券を購入・換金する手段を見てきましたが、あまりおすすめはできない方法です。

考えれば分かりますが、あくまでも一時的に現金が手に入るだけで、お金が増えたわけではありません。

換金率が高いといっても80%~90%です。

10,000円のamazonギフト券を買って売って、8,000円~9,000円のお金を手に入れる方法なのです。

これは新たな借金を作ったのと同じことです。

クレジットカードは後々請求が来ます。

そのとき、換金で手にいれた現金以上の額を支払わねばなりません。

一時しのぎの緊急手段と考え、何度も利用しないほうが賢明と言えるでしょう。

スポンサーリンク

amazonギフト券の換金詐欺に注意!

amazonギフト券を換金しようと買取サイトに申し込んだら、悪徳業者の詐欺だった!

買取サイトが悪徳業者の運営だったということ、実はよくある話です。

  • amazonギフト券の番号(コード)を伝えたのにお金が振り込まれない
  • 口座番号などの個人情報が漏洩されていた
  • 高額な手数料を請求された
  • 振込が遅すぎる
  • 宣伝していた換金率では換金されない

「安心安全な取引」とうたっているサイトほど危ない可能性もあります。

詐欺の被害に遭わないために、口コミや評価を確認するのも1つの方法です。

しかし、その口コミや評価がどのくらい信頼できるのか分かりません。

詐欺まがいの取引を成立させないためにも、買取サイトの隅々までチェックする必要があります。

悪徳業者かチェックしよう
  • サイト運営会社の会社情報(会社概要)を確認する
    • 会社名、代表者氏名、住所、電話番号、営業認可番号、営業時間の記載があるか
  • 高すぎる換金率に注意
    • 換金率98%や99%はありえない!集客のためのウソの数字である可能性大
  • 利用規約をよく確認する
    • 小さな文字で「基本15%で買取」などと書かれていることも…

会社概要を確認する

買取サイトを運営している会社を確認することが大事です。

まともな会社なら上記の必要事項がしっかりと記載されているはずです。

特に営業認可番号の記載がない会社とは取引してはいけません。

住所が架空のものではないか、レンタルオフィスの住所ではないかも確認しましょう。

電話番号から詐欺や怪しい会社ではないかを調べることもできます。

高すぎる換金率に注意

「amazonギフト券買取強化中!換金率99%!!」

こんなうたい文句に飛びついてはいけません。

金券ショップは薄利多売、つまり1つ1つの商品の利益は少ないけど、たくさん売ることで商売が成り立っている業界です。

amazonギフト券を買取しているサイトも慈善事業ではなく、商売でやっているはずです。

買取率が98%や99%で買い取った商品を一体いくらで売り出すつもりなのでしょうか?

額面通りの金額で売り出せば1%~2%の利益が出るでしょうが、そんな商品は誰も買いません。

同じ値段なら正規の販売店で買った方が安心だからです。

取引として成り立たないので、98%や99%といった高換金率を表示しているサイトは悪徳業者で、あなたを詐欺にかけようとしていると思った方がいいでしょう。

そう宣伝しないとお客さんが集まらないから、無茶苦茶な数字を出しているだけなのです。

利用規約をよく確認する

そもそも利用規約を出してくれない買取サイトとは取引しないでくださいね。

利用規約は難しい言葉づかいで細かく書いてあることが多いので、正直、読むのをすっ飛ばしたくなります。

でも、自分の身を守るためです。

小さな字で書いてあるところまで、絶対よく読んで、書いてあることの意味を確認してください。

あとから利用規約が書き換えられることのないよう、スクリーンショットやコピペ、プリントアウトで証拠をしっかり残した方がいいでしょう。

サイトでは換金率99%とうたっていたので申し込んだら、15%で買取された事例もあるのです。

クレームを出したら「利用規約に基本15%で買取しますと書いてある」と押し切られたそうです。

(つまり10,000円のamazonギフト券を1,500円で買い取られたということ、ひどい話です。)

詐欺被害に遭わないようできる限りのことをしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • amazonギフト券は換金できるけど、おすすめはできない
  • amazonギフト券の換金は違法ではない
  • amazonギフト券の換金は、詐欺に遭わないよう細心の注意が必要

amazonギフト券を換金する方法を調べてみましたが、電子ギフトということもあり、思っていた以上に手間がかかることが分かりました。

買取サイトは手軽なようですが、リスクを避けるためには手間がかかる手段です。

amazonギフト券の換金は違法ではないものの、グレーゾーンでかなり危険な行為です。

総合的に見ると、amazonギフト券は換金しないで、amazonで使うのが一番だと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました