必見!!女の子の産み分けにはあっさりがポイントって知ってました? 

子育て
スポンサーリンク

子供がほしいと思ったときに、産み分けに有効な方法があるなら、あなたならどうしますか?

効果的な方法があるなら、きっと試してみたくなるはずです。

女の子を産み分けたいときに「夜の営みはあっさりにした方が良い」といった話を聞いたことはありませんか?

漠然と聞いたことがあるけれど、いったいどのような意味なのでしょうか。

どうしてあっさりだと、女の子の産み分けが可能になるのでしょうか。

女の子がほしいと思っている人には、非常に気になりますよね。

「あっさり」には理由があり、女の子を産み分けたい人にはとても有効な方法なのです。

ここではその理由を元に、女の子を産み分けるコツである「あっさり」とはどのような意味なのかを説明していきます。

スポンサーリンク

女の子の産み分けはあっさりが肝心

なぜ営みをあっさりとした方が、女の子の産み分けに適しているのか。

それは、受精するときの膣内環境に大きく影響するからです。

産まれてくる子供の性別は、卵子と精子が受精した時に決まります。

性別の決定に深く関わっているのが「染色体」だというのは、知っている人も多いと思います。

卵子にはX染色体しかありませんが、精子にはX染色体とY染色体の二種類があります。

卵子にX染色体の精子(X精子)が受精すると女の子に、卵子にY染色体の精子(Y精子)が受精すると男の子になります。

X精子とY精子には、それぞれ異なった性質があります。

女の子になるX精子は酸性に強く、男の子になるY精子はアルカリ性に強いといった性質を持っています。

女性の膣内は酸性なので、営みをあっさりと済ませることで酸性に強いX精子が受精しやすくなります。

ところが、普段は酸性の膣内が、オルガスムスに達してしまうとアルカリ性に変化してしまうのです。

そうなると、アルカリ性に強いY精子がたくさん生き残ってしまうので、産み分けの成功率が下がってしまうのです。

女の子の産み分けには、女性が感じて膣内がアルカリ性に変化する前に射精することが大切です。

「あっさりが良い」と言われているのは、このような事が関係しているからなのです。

スポンサーリンク

女の子がほしい産み分けはタイミングも重要

女の子の産み分けには、営むタイミングも重要になります。

その理由ですが、精子の寿命が関係しています。

X精子とY精子は、寿命の長さが違うという性質も持っているのです。

男の子になるY精子はおよそ1日なのに対して、女の子になるX精子は2~3日です。

その性質を利用して、営みのタイミングを排卵日の2日前にするのです。

排卵日の2日前に射精すれば、Y精子は卵子に到達する前にほとんど淘汰されてしまうからです。

また、産み分けでの営みで射精するときは浅めの位置が良いでしょう。

できるだけ男の子になるY精子は遠ざけたいですからね。

女の子の産み分けのコツは分かったけれど、難しいのは排卵日を見極めることだと思います。

排卵日にタイミングを合わせるためには、正確な排卵日を把握する必要があります。

普段から基礎体温をしっかりと計り、排卵周期を正確に知っておきましょう。

基礎体温表に記入するのが苦手な人には手軽なアプリがおすすめです。

簡単に記録できて排卵日を予測してくれますので、活用してみるのも良いでしょう。

どうしても不安な人は、病院で調べてもらう方法もあります。

エコーで卵巣の大きさを測定して、排卵日を特定することができます。

生理不順が酷い人も自分で判断するのは困難ですので、正確に知りたい時には産婦人科医に診断してもらいましょう。

スポンサーリンク

女の子の産み分けにゼリーを使う方法

産み分けには受精する時の膣内環境が大きく影響することから、膣内環境を整えるゼリーを使う方法もあります。

ゼリーは、男の子用のグリーンゼリーと女の子用のピンクゼリーがあります。

女の子の産み分けに使うピンクゼリーには、膣内を酸性にする作用があります。

産み分けゼリーは、営む直前に膣内に挿入します。

女の子の産み分けの成功率を上げたい場合には、排卵日の2日前にゼリーを使って営む方法が一番効果的と言えるでしょう。

ゼリーの入手方法ですが、産み分け診療を行っている病院で処方してもらえますが、インターネットでも購入できます。

インターネットで購入できるものは、平均するとゼリー1本当たり1500円程です。

病院で処方される場合は、基本保険適応外となりますので、病院の診療メニューによって違います。

その辺りは注意が必要ですね。

ピンクゼリーが気になる方はチェックしてみてください↓

スポンサーリンク

女の子の産み分けを確実にしたい場合は?

女の子を確実に産み分けたいと思ったら「着床前診断」になります。

「着床前診断」とは、体外受精した受精卵の細胞を取り出して染色体の検査をし、希望する性別の染色体を含む受精卵を子宮に戻す方法です。

この方法は確実ですが、本来は産み分けを希望する目的で行うものではありません。

それに、行う際には色々な制約もあります。

当然負担も多く、経済的な負担はもとより、検査のためにかなりの時間を拘束されますし、卵子を取り出すときには身体への痛みの負担もあります。

確実に女の子を産み分けたいとはいえ、負担の大きさを考えると誰でも挑戦できるものではありません。

女の子の産み分け方法では、パートナーの協力が得られるなら、タイミング法とゼリーを使う方法が最も適しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

  • 基礎体温を計り正確な排卵日を知る
  • あっさりな営みで射精は浅く、女性が感じる前に
  • 営みは排卵日の2日前で直前に合わせて女の子用産み分けゼリーを使う

女の子の産み分けにあっさりが良いという理由がわかりましたでしょうか。

必ずしも女の子が産まれる産み分けではなく、あくまでも可能性を上げる方法となります。

「あっさり産み分け法」にチャレンジするには、必ずパートナーの協力が必要となります。

ご夫婦でしっかり話し合って、素敵なママとパパになってくださいね。

こんにちは、ゆんです♪

・専業主婦で自由に使えるお金がない
・何をするにも夫の意見を聞いてしまう
・子どもたちに好きなおもちゃを買ってあげられない
・資格がないから自分で稼げない

そんな私でしたが、今はライティング技術を学び、クラウドワークスで稼げるようになりました♪

・自分のお金で自由におしゃれをできる
・子どもたちが欲しいものを買ってあげられる
・貯金ができるようになった
・お金に困らず、心にも余裕ができた

きちんとライティング技術を学ぶことで、私の人生はすごくよく変化していきました。

お金の心配がなくなると、以前よりのびのびと暮らせるようになったのです。

初めてのアドセンス審査で1発合格した、秘密をを知りたい方は、ぜひLINE追加をお願いします。

「詳細はこちら」から友達追加をお待ちしております!

子育て
豆ちし記

コメント

タイトルとURLをコピーしました