カフェインレスコーヒーの作り方をかんたんに解説!自宅で作れるの?

暮らし
スポンサーリンク

子どもを出産した経験がある方は、一度はカフェインレスコーヒーを飲んだ経験があるでしょう。

妊娠中や授乳中は、赤ちゃんに悪影響を及ぼさないために、カフェインを過剰に接種しないように気を付けたいですよね。

近年、子供服店や赤ちゃん用品店にも必ずといっていいほどカフェインレスコーヒーが販売されています。

そんなカフェインレスコーヒーの作り方をご存じですか。

そもそもカフェインレスコーヒーの作り方が分かれば、自宅でかんたんに作れるのでしょうか。

妊婦さんや授乳中の方は、赤ちゃんのためにも一番安全に作られたカフェインレスコーヒーを選びたいですよね。

こちらの記事では、カフェインレスコーヒーの作り方を解説しています。

こちらの記事を読めば、一番安全で美味しいカフェインレスコーヒーを選べるようになります!

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーの作り方は主に3通り!

コーヒー好きな妊娠中や授乳中の方にとって、カフェインレスコーヒーは欠かせないものですよね。

身体に優しいカフェインレスコーヒー。カフェインレスコーヒーの作り方を知っておけば、より身体に優しいカフェインレスコーヒーを選べますよね。

作り方が分かれば、自宅でかんたんに作れるのでしょうか。

カフェインレスコーヒーの作り方は主に3通りあります!

  • 水で抽出する方法
  • 有機溶媒で抽出する方法
  • 超臨界二酸化炭素で抽出する方法

文で表すとかんたんそうに見えるので、自宅で作れそうな気がしますよね。

しかし、残念ながら自宅でカフェインレスコーヒーは作れません。

自宅でカフェインレスコーヒーは作れませんが、カフェインレスコーヒーの作り方は知っておきましょう。

どの方法で作られたカフェインレスコーヒーを選べば、よりコーヒーのおいしさを楽しめるのでしょうか。

カフェインについて知っておこう!

そもそも、コーヒーに含まれているカフェインのことはご存じですか。

妊娠中や授乳中の方は、胎児や乳幼児には摂取させないよう気を付けましょうと母子手帳や産院から指導されます。

また、依存性が高いことから海外では薬物やタバコなどと同様に扱う国も存在します。

しかし、摂取することで集中力アップや眠気覚ましの効果が得られます。

上手にカフェインを摂取し、カフェインの良さを役立てましょう。

カフェインが含まれているのは、コーヒーだけではありません。

緑茶や紅茶などほかの飲み物にも含まれています。

カフェインが含まれている飲み物をまとめてみました。

  • 一杯当たりのカフェイン含有量(mg)
コーヒー60玄米茶10
玉露160ウーロン茶20
煎茶20紅茶30
ほうじ茶20
参考文献:国民生活センター https://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20211104_3.pdf

カフェインレス市場がにぎわってきていますが、カフェインが含まれているのはコーヒーだけではありません。

玉露茶は驚きの160mg!コーヒー以外の飲み物にも気を付けたいですね。

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーの作り方の二酸化炭素抽出法とは?

カフェインレスコーヒーの作り方を知って、コーヒーのおいしさをより楽しめるコーヒーを選びたいですよね。

では、カフェインレスコーヒーの作り方を一緒に見ていきましょう。

カフェインレスコーヒーの作り方には、主に3通りあります。

  • 水抽出法
  • 有機溶媒抽出法
  • 超臨界二酸化炭素抽出法

現在、日本国内で採用されてるのは水抽出法と超臨界二酸化炭素抽出法のみです。

最も安全とされているのは、超臨界二酸化炭素で抽出する方法です。

それぞれの抽出法についてご紹介します。

超臨界二酸化炭素で抽出する方法

コーヒーからカフェインを抽出する方法のうち、二酸化炭素を用いる方法が最も新しい方法です。

二酸化炭素は、加熱し圧力を加えると気体と液体の性質を持つ超臨界流体となる性質を持っています。

コーヒー生豆に、二酸化炭素の超臨界流体状態を通すと、カフェインだけを抽出できます。

薬物を使用せずにカフェインだけを抽出できるので、最も安全な抽出方法とされています。

常温に戻しても、残留するのは二酸化炭素のみなので無害ですよね。

また、カフェインだけを抽出できるので、コーヒーのおいしさや香りを最も残存できる方法といわれています。

二酸化炭素を用いて生成されたカフェインレスコーヒーは、香りやおいしさが通常のコーヒーと大差ありません。

しかし、二酸化炭素を用いて除去する方法にはデメリットがあります。

二酸化炭素を用いてカフェインを抽出する方法は、コストがかかる為製品化される際に価格が高くなってしまいます。

よって、超臨界二酸化炭素抽出法でカフェインが除去されたカフェインレスコーヒーは、少し価格が高めで販売されています。

水抽出法

水を用いてカフェインを抽出する方法は、カフェインを抽出する方法のうち定番の方法とされています。

カフェインは水に溶ける性質があるため、コーヒー生豆を水に浸すとカフェインが溶けだします。

カフェインを抽出した水に有機溶媒を入れてカフェインを消失させ、水の状態に戻します。

コーヒー生豆に再度、カフェインを消失させた水を戻します。

最もコストがかからない為、安価でカフェインレスコーヒーを生成できます。

また、有機溶媒がコーヒー生豆に直接触れない為、安全な方法とされています。

有機溶媒抽出法

有機溶媒抽出法は、カフェインを抽出する方法のうち、最も古くからある方法です。

現在、日本では採用されておらず、有機溶媒で生成したカフェインレスコーヒーは日本では販売できません。

主にジクロロメタンという薬を使って、カフェインを抽出します。

コーヒー生豆を、有機溶媒に浸しカフェインを抽出します。

しかし、コーヒー生豆に有機溶媒が直接ふれる為、薬の成分が生豆に残留してしまう恐れがあります。

そのため、日本では採用されていません。

また、カフェインとともにコーヒーのおいしさや香りが流出してしまいます。

スポンサーリンク

ローソンのカフェインレスコーヒーはどの作り方を採用してるの?

カフェインレスコーヒーがどのように作られているのか理解できましたよね。

カフェインレスコーヒーが販売されているお店も増えつつあります。

とても手軽に購入できるのが、ローソンのマチカフェシリーズであるカフェインレスコーヒーです!

ローソンのカフェインレスコーヒーに採用されている作り方は、水を用いたカフェイン抽出法です。

ローソンでカフェインレスコーヒーを注文すると、カフェインレスコーヒーが入ったポーションが渡されます。

水を用いた作り方は、安価にカフェインを抽出できます。だからお得にカフェインレスコーヒーが提供できるのでしょう!

また、安全な作り方なので、妊娠中や授乳中の方でも安心して飲めます!

ローソンのカフェインレスコーヒーは、カフェイン除去率97%です。

スポンサーリンク

ミスドのカフェインレスコーヒーはどの作り方を採用してるの?

ミスドでも、本格的なカフェインレスコーヒーを販売し始めたと話題です。

おいしいドーナツとカフェインレスコーヒーが一緒に購入できるのは、カフェインが気になる方には嬉しいですよね。

ミスドでカフェインレスコーヒーを注文すると、コーヒーがそそがれたポットで渡されます。

自分で飲む量を調節しながらカップに注げるので、ゆっくり楽しみたい方におすすめです!

ミスドのカフェインレスコーヒーに採用されている作り方は、超臨界二酸化炭素抽出法です。

コーヒーの香りなどが一番残存される作り方です。

最も安全な作り方とされているので、妊娠中や授乳中でも安心して飲めるでしょう。

気分転換したい妊婦さんやママにおすすめしたいです!

ミスドのカフェインレスコーヒーは、カフェイン除去率97%です。

スポンサーリンク

uccのカフェインレスコーヒーはどの作り方を採用してるの?

カフェインレスコーヒーをスーパーやドラッグストアで購入するなら、ucc一択です!

私も現在授乳中でもっぱらカフェインレスコーヒーを飲んでいますが、購入するのはuccのカフェインレスコーヒーです。

ほかのメーカーが陳列されているのをあまり見かけた経験がありません。

インスタントコーヒーはもちろん、ペットボトルも販売されているので、コーヒーを買い置きしている方におすすめです。

uccのカフェインレスコーヒーの作り方には、超臨界二酸化炭素抽出法が採用されています。

安全な作り方とされているので、妊娠中や授乳中の方でも安心して飲めます。

私は、インスタントコーヒーを購入しています。

コーヒーの香りが楽しめる作り方が採用されているので、ぜひコーヒー好きな方は香りを楽しんでくださいね。

カフェイン除去率は、97%です。

スポンサーリンク

まとめ

  • カフェインレスコーヒーの作り方は、3通りある
  • カフェインレスコーヒーを作るには、日本では2通りの作り方のみ採用されている
  • 超臨界二酸化炭素抽出法は、最もおいしいカフェインレスコーヒーを生成する方法である
  • 自宅ではカフェインレスコーヒーは作れないが、気軽に購入できる
  • ローソンのカフェインレスコーヒーの作り方には、水抽出法が採用されている
  • ミスドのカフェインレスコーヒーの作り方には、超臨界二酸化炭素抽出法が採用されている
  • uccのカフェインレスコーヒーの作り方には、超臨界二酸化炭素抽出法が採用されている

日本では、カフェインの摂取量に気を付ける習慣があまりなく、カフェインの含有量を気にするのは妊婦さんや睡眠不足の方が一般的です。

しかし、海外ではカフェインの摂取量に気を付ける習慣が広まりつつあります。

今後、家庭でコーヒーからカフェインを抽出する機械が作られるのは、さほど遠い未来ではないかもしれませんね。

そんな夢のような機械が作られるまでは、カフェインレスコーヒーでコーヒータイムを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました