洗濯槽はキッチンハイター1本で気軽に掃除できる!専用洗剤にサヨナラ

暮らし
スポンサーリンク

湿度の高い季節になると洗濯物の生乾き臭が気になりますよね。

でも、その臭いは生乾きだけが原因ではないかもしれません。

洗濯槽に繁殖した菌やカビが、臭いの原因かもしれません。

洗濯槽の臭いの原因となる菌を除去するためにも、洗濯槽を掃除しましょう!

でも、自宅に洗濯槽専用の洗剤なんて買い置きしていますか?

実は、一般的な家庭なら持っているキッチンハイターを使って洗濯槽を掃除できます。

洗濯槽をキッチンハイター1本を使って綺麗さっぱり掃除しちゃいましょう!

こちらの記事では、洗濯槽をキッチンハイター1本で掃除するときの悩みを解決するための記事となっています。

また、キッチンハイター1本使い切って掃除した洗濯槽を綺麗に保つポイントもご紹介しています!

スポンサーリンク

洗濯槽はキッチンハイターまるごと1本で掃除できる!

洗濯槽専用の洗剤は、キッチンハイターと同じ塩素系洗剤です。

同じ塩素系洗剤だから洗濯槽の掃除にも代用できるのでしょう。

塩素系洗剤には次の効果が期待できます。

  • 強い漂白作用
  • 除菌
  • 消臭
  • 漂白

塩素系洗剤とは、次亜塩素酸ナトリウムが含まれた洗剤のことをいいます。

その除菌力は優れていて、ノロウイルスの除菌にも力を発揮してくれます。

通常、キッチンハイターとして使用する際は、数倍に薄めて使用します。

しかし、洗濯槽を掃除する際はまるごと1本使用しましょう。

でも、塩素系洗剤は、酸素系洗剤とどう違うの?

酸素系洗剤は、汚れが落ちやすいよう、汚れを浮かす働きがあります。

そのため、同じように洗濯槽の掃除にも使えますが、汚れを浮かせて落としやすくしてくれるだけなので、浮いてきたカビを分解できません。

洗濯槽の掃除に酸素系洗剤を使うと、塩素のツンとしたいやな臭いがなく快適に掃除できます。

しかし、浮いてきた汚れをごみ取りネットですくうか、きちんと排水させる必要があります。

汚れをすくい取りきれなかったりでもすると、排水ホースが詰まる原因になります。

洗濯機置き場が換気できない、洗濯槽に塩素の臭いが残ると困るという方には、酸素系洗剤をおすすめします。

その際は、酸素系の洗濯用漂白剤や洗濯用ハイターをキッチンハイターのようにまるごと1本使いましょう。

酸素系洗剤は、塩素系洗剤のようなツンとした臭いがしないので、1本使っても臭いが残りません!

スポンサーリンク

洗濯槽をキッチンハイターで掃除するやり方

では、洗濯槽をキッチンハイター1本使い切って掃除するやり方を解説していきます!

  1. 洗濯槽に満水位までぬるま湯、もしくは水を入れる
  2. キッチンハイターを1本入れる
  3. 10回転ほど回転させる
  4. 2~3時間放置する
  5. 2~3回転ほど回転させる
  6. 排水する
  7. 洗濯機に満水位で水をためて「洗う・すすぎ・脱水」で空回しする

洗濯槽をキッチンハイターで掃除するやり方はかんたんです。

しかし、いくつか注意しておく点をお伝えします。

塩素系洗剤を使う際は、必ず換気をする

塩素のツンとした臭いがします。

中には、頭痛をもよおしたり気分が悪くなる人もいるので、必ず換気をしながら使いましょう。

塩素系洗剤は、酸素系洗剤と混ぜない

塩素系洗剤と酸素系洗剤は、混ぜ合わせると有毒なガスを発生させます。

絶対に混ぜないように注意しましょう。

キッチンハイターを使う際は、やり方通りに掃除しましょう!

では、洗濯槽を掃除したあとはどのようにすれば綺麗に保てるのでしょうか。

掃除した洗濯槽を綺麗に保つポイント

  • 週に一度は槽乾燥させる
  • 洗濯機のふたを開けて換気しておく
  • 洗剤の残りかすを防ぐ

そもそも、洗濯槽に黒カビが繁殖する原因は、洗剤の残りかすが洗濯槽に残ってしまうからです。

洗剤の残りかすは、空気中の菌とくっつき高い湿度によって増殖してしまいます。

洗濯槽の湿度を下げるためにも、槽乾燥モードで週に一度洗濯機を稼働させましょう。

また、日頃から洗濯機のふたは開け、洗濯槽が乾燥するよう努めましょう。

洗剤の残りかすは、洗剤を入れすぎないことで防げます。

しかし、洗剤ってついつい入れすぎてしまうものですよね。

洗剤の残りかすが溜まりやすい方には、「洗濯用マグネシウム」をおすすめします。

洗剤入らずで、きちんと汚れや臭いが落ちます。経済的で、環境にも優しいと話題になっている商品です。

スポンサーリンク

洗濯槽掃除にキッチンハイターを使ってドラム式洗濯機を掃除できる?

ドラム式洗濯機の洗濯槽もキッチンハイターを使って掃除できます。

ドラム式洗濯機は、途中で浮いてきた汚れをすくい取れません。よって、汚れが浮いてくる酸素系洗剤を使って掃除できません。

ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除する際は、注意点が3つあります。

  • 最低水量で使用し、ふたを途中で開けても水がこぼれない程度で使用すること
  • キッチンハイターを使用する量を減らすこと
  • キッチンハイターを使って掃除できるかメーカーに確認すること

いくら洗濯槽がかんたんに綺麗になるからといって、メーカーの推奨する使い方を無視してキッチンハイターを使用しないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • 洗濯槽はキッチンハイター1本で手軽に掃除できる
  • 塩素系洗剤であるキッチンハイターには、除菌力、消臭力、漂白力がある
  • キッチンハイターを使って掃除する際は、必ず換気をする
  • 塩素系洗剤であるキッチンハイターを使うときは、酸素系洗剤と絶対に混ざらないように使わなければいけない
  • ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除するときは、1本まるごと入れずに使用する

洗濯槽の掃除は、専用の洗剤を用意しなければいけないと億劫になるものでしたが、キッチンハイターを使えば気軽に掃除ができそうですよね。

ですが、キッチンハイターならではの使用時の注意点には気を付けなければいけません。

キッチンハイターを1本まるごと使用するのが不安な方は、最初は200ml程度から使ってみましょう。

ツンとした臭いも少しは気にならなくなるでしょう。

大切なのは、こまめにお手入れをすることです。洗濯物が気持ち良いほど綺麗になれば、日常の家事も少しは楽しめるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました