必見!!さんぴん茶を飲むとワキガになるって本当なの!?簡単に解説!

暮らし
スポンサーリンク

さんぴん茶を飲むと、ワキガになる!

と聞いたことは、ありますか。

あなたは、さんぴん茶を飲むと、本当にワキガになると思っていませんか。

私も初めは本当にワキガになるのではないかと考えていました。

今回は、本当にさんぴん茶を飲むとワキガになることに繋がるのかについて解説していきましょう。

これを読み終わるころには、さんぴん茶について詳しくなっているでしょう。

もしかしたら、さんぴん茶を周りの人にオススメしたくなっているかもしれません。

「さんぴん茶を飲むと、ワキガになる」というさんぴん茶への間違った価値観を変えることが出来ます。

是非、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

さんぴん茶を飲むとワキガになるの?

さんぴん茶を飲むとワキガになるの?ずっと飲んでいたけど大丈夫?

このように考えたあなた安心してください。

結論から言うと、さんぴん茶を飲んでもワキガになるになることは決してありません。

逆にさんぴん茶を飲むと、ワキガになることを軽減してくれるそうです。

では、さんぴん茶とは具体的に分かりますか。

今からさんぴん茶について見てみましょう。

さんぴん茶とは

さんぴん茶とは、沖縄で親しまれているお茶の名前です。

中身は、ジャスミン茶によく似ているお茶だと言われています。

さんぴん茶のルーツは中国からだと考えられています。

琉球王国は14世紀から16世紀まで中国と盛んに交流していたためその時に伝えられたのではないでしょうか。

中国語で「香片茶(シャンピェンチャ)」とさんぴん茶に似ている名前が存在します。

スポンサーリンク

さんぴん茶はワキガになるどころがメリットだらけ

さんぴん茶は、ワキガになるどころかメリットだらけの効果があります。

さんぴん茶の効果

さんぴん茶には、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、タンニン、カフェイン、ベンデルアセテート、リナロールという栄養成分が含まれています。

さんぴん茶の効果は、6つあります。

ストレスの緩和

ワキガになるどころかメリットだらけのさんぴん茶の効果1つ目は、ストレスの緩和です。

さんぴん茶の香りに含まれている成分であるベンデルアートとリナロールが、自律神経の緊張を和らげる作用があるため、ストレスを緩和してくれ、リラックスする効果があります。

自律神経が整うと、体を休めること・代謝が向上する・集中力が高まるというメリットがあるのです。

さんぴん茶を飲むだけでこのような効果があるなんて意外でした。

ダイエット効果

ワキガになるどころかメリットだらけのさんぴん茶の効果2つ目は、ダイエット効果です。

さんぴん茶の香りに含まれている成分であるベンデルアートには、脂肪燃焼をサポートする作用があります。

他にも、さんぴん茶に含まれているカフェインは、脂肪が体に蓄積するのを抑制する作用があるのです。

脳の覚醒・眠気解消

ワキガになるどころかメリットだらけのさんぴん茶の効果3つ目は、脳の覚醒・眠気解消です。

さんぴん茶に含まれているカフェインには、覚醒作用があります。

しかし、よくカフェインをとりすぎると危険だと聞いたことがないですか。

そこで一般的なカフェインの量とさんぴん茶に含まれているカフェインの量を比較してみましょう。

玄米茶10mg
さんぴん茶15mg
煎茶20mg
ウーロン茶20mg
ほうじ茶20mg
紅茶30mg
コーヒー60mg

この表から見てわかるように、カフェインは含まれているが、そこまで多いわけではないため安全なのです。

アンチエイジング効果

ワキガになるどころかメリットだらけのさんぴん茶の効果4つ目は、アンチエイジング効果です。

さんぴん茶には抗酸化作用があるビタミンCとビタミンEが含まれています。

ビタミンCとビタミンEには、シミやそばかすを防ぎ、透明感のある肌を維持することが可能なのです。

他にもビタミンCは、肌の張りを維持するコラーゲンの生成を促す作用があります。

女性ホルモンを整える

ワキガになるどころかメリットだらけのさんぴん茶の効果5つ目は、女性ホルモンを整えることです。

さんぴん茶に含まれているビタミンEや亜鉛によって女性ホルモンのバランスを整えることも出来ます。

二日酔いの緩和

ワキガになるどころかメリットだらけのさんぴん茶の効果6つ目は、二日酔いの緩和です。

さんぴん茶に含まれているビタミンCの働きのおかげで、アルコールの分解をサポートしてくれます。

スポンサーリンク

さんぴん茶のワキガになるのを抑える効果的な飲み方

さんぴん茶のワキガになるのを抑える効果的な飲み方1つ目は、食事中や運動前に飲むことです。

食事中にさんぴん茶を飲むことで、食べ物を脂肪として吸収されにくくなります。

さんぴん茶を飲んだ30分後に運動するとベンデルアセテートの働きにより、脂肪燃焼効果が高くなります。

さんぴん茶のワキガになるのを抑える効果的な飲み方2つ目は、温めてから飲むことです。

温めて飲むことで、内臓が活性化され、より消化を促進してくれます。

さんぴん茶のワキガになるのを抑える効果的な飲み方3つ目は、飲む量を考えることです。

1日にさんぴん茶を飲む量は600~800mlと言われています。

飲みすぎは逆に効果がなくなります。

さんぴん茶に含まれているカフェインには利尿作用もあります。

飲みすぎてしまうと、脱水症状に繋がってしまうため注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • さんぴん茶を飲んでもワキガになることはない
  • さんぴん茶には、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、タンニン、カフェイン、ベンデルアセテート、リナロールという栄養成分が含まれている
  • ワキガになるどころかメリットだらけのさんぴん茶の効果には、ストレスの緩和・ダイエット効果・脳の覚醒・眠気解消・アンチエイジング効果・女性ホルモンを整える・二日酔いの緩和の効果がある
  • さんぴん茶のワキガになるのを抑える効果的に飲む方法は、食事中や運動前に飲む・温めてから飲む・1日にさんぴん茶を飲む量は600~800mlにすること

あなたは、さんぴん茶について全て知っていましたか。

飲み方を間違えなければ、さんぴん茶は効果ないのかなと思います。

是非、この記事を読んで少しでもさんぴん茶に興味を持っていただけたら、とても嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました