布ナプキンやめた人の理由とは?メリットやデメリットを解説!!

暮らし
スポンサーリンク

あなたは布ナプキンについて耳にしたことがありますか?

あまりよく知らないな?という方や、以前使っていたけど布ナプキンの使用をやめた方、または今も心地よく使っているよ!など皆さまそれぞれ異なると思います。

こちらの記事では布ナプキンを使うメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

こういう場合は布ナプキンをやめた方がよい、使い続けても良いかも、とそれぞれの視点からお伝えしていきますので、是非最後までご覧ください。

お使いになる方が、「心地よい」と感じるものを選ぶのが大切です。

布ナプキンの方がケミカルナプキンに比べて「使うといい」「やめたほうがいい」とどちらかを推奨するわけではありませんので、ご留意くださいね。

スポンサーリンク

布ナプキンをやめた人の理由は?

布ナプキンを使用する際にどうしてもネックになるのが、お手入れ方法です。

布ナプキンは、付け置き、手洗いが必要となります。

布ナプキンを普段の洗濯物と別にして、手洗いをして、干すという一連の流れが少し手間にもなりますよね。

また、その他の布ナプキンをやめた理由としてよく挙げられる例は、外出先での取りかえが不便になることです。

使い捨てのナプキンだと、そのまま使用後に捨てることができます。

布ナプキンは小さくたためるようになっていて、専用ポーチなどに入れて持ち運べばニオイも漏れず安心です。

しかし、使用済のナプキンを持ち歩くことに抵抗がある人や、面倒に思う人も多くやめたいと思う人も。

月に1度必ず使用するものなので、やはり不便であると使用するのをやめた人が多いのも事実です。

その他、初期投資がかかる点も懸念点として挙げられる1つですね。それでは、最初に用意があると良いものをご紹介していきますね。

スポンサーリンク

布ナプキンをやめたくなくなるメリットを紹介!!

布ナプキンを使うには、初期投資としてはじめに色々と揃えておくと便利です。

私が最初に揃えたものをご紹介していきます♪

  • 布ナプキン 
  • おりものシート
  • ホーローバケツ ※汚れを落とす際にホーローバケツでつけこみます。
  • 酸素系漂白剤

布ナプキンは各サイズ、使い捨てナプキンの夜用や日中用などと同じようにシーンや状態に合わせて使い分けると良いですね。

はじめは、ナプキンに1万円超え!!と高価に感じました。

しかし、繰り返して使えるものであることと心地よくなるのならば「やめた」を選択せず続けられるかな、と自分に投資するつもりで購入しました。

かわいいデザインの布ナプキンも最近は多く、気に入ったものを楽しみながら使えるのもメリットの1つですね。

私も現在、布ナプキンをやめたいと思うことなく継続して使用していますが、こんなメリットがあると言われています。

  • 子宮を冷やさない
  • 使い捨てナプキンに使用されている化学物質が、経皮毒として取り込まれる恐れがあるとも言われている
  • 子宮が冷やさないことによって、生理痛が軽減される方も

などなど♪人によって効果や感じ方はそれぞれです。

皆さまもその時の心身の状態と向き合いながらご自分のからだの声を聞いてみて、「続ける」「やめた」を選択すると良いですね。

からだは変化するものなので、環境や考えが変わるとメリットに感じる部分も見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク

布ナプキンやめた人が感じるデメリットとは?

さて、布ナプキンを使ってみたけれど結局使用をやめた人の意見や使用することのデメリットも見ていきましょう。

大変なのはやはりなんといっても布ナプキンのお洗濯です。

外出先で使ったものなどを、帰宅後お手入れをする必要があります。

使い終わった布ナプキンの洗浄方法ホーローバケツなどに酸素系漂白剤とお水(またはぬるま湯)を入れて漬け込みます。

そのあとに、お風呂の洗い場などで手洗いをしていき、さらに洗濯機に入れて綺麗にします。

これが心と時間に余裕があるときは良いのですが、忙しい時はストレスに感じ、やめたいという感情になるのもわかりますよね。

汚れを落としやすくするポイントとしては、布ナプキンがかぴかぴになってしまう前に酸素系漂白剤を溶けこましたスプレーなどをかけることです。

シュッ!ってひと吹きかけることによって落としやすくはなります。

また、洗濯後しっかりと乾燥させないと菌が繁殖してしまい衛生的に良くないというデメリットもあります。

厚みのある布ナプキンを洗濯後、干す・乾燥させる場合は生乾きになっていないかをしっかりと確認する必要が出てきますね。

このように、布ナプキンを使うこと自体は難しいことではないと思いますが、日々のお手入れの手間が増えることはデメリットの1つとして挙げられます。

そして、心地よく使っていくためにはストレスがもちろんかからない方がよいですよね。やはりお手入れの手間を考えて、やめたいという考えに辿り着く方も多いようです。

からだへの効果や、環境のことなど、「心地よさ」を求めて布ナプキンをはじめた方が、ストレスを抱えながら使い続けることは本末転倒になってしまう気がします。

例えば、使い捨てナプキンでもオーガニックコットンを使用したものを使ってみるという方法もあります!!

スポンサーリンク

まとめ

  • からだ・子宮を冷やさないため、血流がよくなったと実感する人も
  • 経費毒吸収の心配がないため、安心して使用できる
  • からだを冷やさないことによって、生理痛が軽減されたと感じる方も
  • 布ナプキンを洗濯する手間が増える
  • 各サイズの布ナプキンを用意したり、洗うホーロー容器を用意するため初期費用がかかる
  • 外出先で使用済みの布ナプキンを持ち運ぶことに抵抗がある

使う人によって布ナプキンを使用するメリット・デメリットがあることをご紹介してきました。

ライフスタイルなどに合わせて布ナプキンを使っていたけど「やめた」選択をする方、からだの良い変化を実感できて「続けている」方など皆さまそれぞれです。

布ナプキンを使ってみて「やめた」を選択することが悪いことでは全然ありません♪使ってみて、自分と向き合った結果の選択はとても良いことだと思います。

まだ布ナプキンを使用したことがなくて気になっている方は、一度試してみることも良いと思います。使ってみて、「続ける」「やめた」を選ぶことが大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました