実録失敗談!!グランドセイコーを買って後悔?!人気ないって本当?

暮らし
スポンサーリンク

腕時計のなかでもグランドセイコーは超高級品。安いクォーツモデルでも20万円以上、最高級モデルは金無垢使用で数百万円なんてお値段です。

こんなに高価なグランドセイコーをせっかく買ったのに、人気ないから後悔なんて絶対したくありません。

ネット上にはグランドセイコーは人気ないから買って後悔したなんていう口コミもあるんです。

でも、グランドセイコーを買って良かったという口コミ多数。買ってしまえば満足できます。

グランドセイコーを10年前に買ったわたしがあなたがグランドセイコーを買って後悔しそうなポイントを解説します。これさえみれば安心ですよ。

グランドセイコーは買ってもいいの?後悔しない?人気ない?ネット上の口コミを集めて徹底検証しました。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

グランドセイコーを買って後悔した失敗談とは

グランドセイコーはすべての人が満足できるわけではなく、後悔する人もいます。違いのわかる人にだけ満足できる時計なんです。

グランドセイコーはどこかのコーヒーのような腕時計なんですね。

グランドセイコーを買って後悔した人の口コミを集めるとこのようになっています。

  • 高級時計を買ったのに全然気づいてもらえない
  • ダサい
  • ロレックスに比べて買取値段が安い
  • 高いのにクォーツ

後悔するポイントはたくさんありますが、実はこれはすべてグランドセイコーの良いところでもあるんです。

それぞれ解説していきますね。

グランドセイコーは知名度が低く人気ない

グランドセイコーを付けても、女の子から

キャー!!かっこいい!!

なんてほめてもらえることは絶対ないです。

ここは買う前にしっかり納得しておかないと後悔します。それどころか、セイコー5などの安価な腕時計と区別してもらえないことの方が多いです。

ロレックスなどのみんなが知っているような時計と比べ、グランドセイコーは人気ないし買ってはいけないといえるかもしれません。

でもね、それがグランドセイコーの良いところでもあるんです。

見た目に超高級腕時計というわけではないので、毎日仕事でつけていても、直属の上司や同僚、得意先に威圧感をあたえてしまうことはありません。

いやみっぽくとらえられてしまってもダメですよね。

しかも、「本物」を見慣れている人たちには感心されたりします。

特にご年配の役職の方などには人気ないどころかむしろ好評で、腕時計がきっかけで声をかけてもらったりすることも少なくないんです。

わかる人にはわかるのがグランドセイコー。

海外に行くなら、むしろ日本よりグランドセイコーの知名度が高かったりします。日本のアイデンティティでもありますし、とてもおすすめですよ。

グランドセイコーのデザイン

せっかくグランドセイコーを買っても、

え?!

なにこれ、セイコーでしょ?

高いって言ってもちょっと大きいから5万円くらい?

なんて勘違いされることもよくあることです。

実際に遠くから見てセイコー5とグランドセイコーの区別がつく人は、よっぽどのセイコー好きじゃないといないかもしれません。

デザインに関しては、独自のデザインでかっこいいロレックスやフランクミュラーなんかとは違って、グランドセイコーの弱いところですね。

グランドセイコーのデザインはシンプルなんです。

そして、そのシンプルなデザインには時計職人の技術の粋が込められているんです。

ケースやベルトの部品1つ1つは時計職人によって丁寧に磨き上げられています。腕につけたときの金属の磨きの細かさはほんとうに感動的ですよ。

また、ベルトは金属のはずなのに、腕に巻いたときしっとり滑らかな付け心地です。

これも職人芸の磨きの技でしょうか。

ここまで滑らかな付け心地になる腕時計は、同価格帯のものの中にはありません。ずっとつけていても疲れない、本当にいい時計です。

あなたがシンプルな時計がダメなら、グランドセイコーを買うと後悔します。

やめておきましょう。

でもあなたがシンプルなデザインが好き、威圧感のない武骨なデザインがいいというなら、グランドセイコーはとてもおすすめできる腕時計です。

グランドセイコーのわかる人にはわかるデザイン性

グランドセイコーのデザインがダサいのは、見た目がセイコーの他の安い時計と似ているからです。

でもちょっとダイヤル(文字盤)をよく見てみてください。

ダイヤルに、文字が書かれていたり、雪のような模様が描かれていたり、白樺の樹皮が描かれていたり。

とても幻想的でロマンチック。見えにくいところにここまで細かな仕事があるところが、グランドセイコーのデザインの良さですね。

グランドセイコーはダイヤルのデザインに日本の歴史や文化、美しい風景を表していて、さすが日本を代表する高級腕時計です。

海外の高級腕時計と比較しても、ダイアルに関しては色が違うなどのデザイン性しかないものがほとんど。

ここまでダイアルに意匠を凝らすのはグランドセイコーだけだといっていいでしょう。

目立たないところがカッコイイなんて素敵ですよね。

まさに、知る人ぞ知るかっこよさ、違いのわかる人にはわかる良さです。

グランドセイコーの資産価値

ロレックスを買い取りに出すなら、買取価格が100%を超えることも珍しくないです。

なんと、人気モデルの限定品ロレックスを買えば、使った後でも定価より高く買い取ってくれるんです。

人気モデルではない普通のロレックスでも定価の80%ぐらいで買い取ってもらえます。

時計という実用品なのに換金率がよく、資産価値もあるんです

パティックフィリップも同様に換金率がよく、中には200%を超えるものもあります。

グランドセイコーの場合は普通のモデルで50%ぐらいでしょうか。限定品で60%ほど。ロレックス、パティックフィリップに比べるととてもお安い買取価格ですね。

しかし、他の海外高級腕時計ブランドと比較すると、換金する時は定価の40%ほどのところも多いです。

他の高級腕時計と比べてグランドセイコーが資産価値が低いなんてことはありません。

ロレックスと比べるとグランドセイコーは資産価値は低いですが、高級腕時計の中ではむしろ高い方です。

もしあなたが資産価値の高い高級腕時計を探しているなら、グランドセイコーを選ぶと後悔します。

ロレックスやパティックフィリップを選ぶべきです。

もしあなたが高級腕時計にそこまで換金率を求めていないのなら、グランドセイコーを選んでも満足していただけますよ。

グランドセイコーのいいところ

グランドセイコーはマニュファクチュールという、自分の会社ですべての腕時計部品を作ることのできる高級腕時計メーカーです。

実はムーブメントの要であるヒゲゼンマイに至るまで、全部の部品を自社で作ることができるメーカーは世界にも多くありません。

グランドセイコーのほかには、セイコー、ランゲ・アンド・ゾーネ、パルミジャーニ・フルリエ、ロレックスだけ。

スイス三大高級時計メーカーと言われる、パテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンでさえも、ヒゲゼンマイは外部からの調達部品。

いかにグランドセイコーの技術力が優れているのかがわかりますよね。

こんなところも、グランドセイコーがわかる人にはわかるかっこよさだといえます。

スポンサーリンク

グランドセイコークォーツを買って後悔?!

実は、グランドセイコーのクォーツモデルを買って後悔してしまったという口コミは多いんです。

グランドセイコーなのにクォーツ選んじゃったの?

普通のセイコーと変わんないね。

グランドセイコーをわかる人がただでさえ少ないのに、そのわかる人にこう言われちゃうとかなりへこみます。

これをみて、だめだと思ったあなた、グランドセイコーのクォーツだけは買ってはいけないです。絶対に後悔します。

クォーツってダメなんでしょうか。いいえ、全然そんなことないですよ。

せっかくの高級時計なんだから、メカニカル、機械式がいいと思う方も多いのは事実。ですが、高級時計のクォーツも「あり」です。

メンテナンスが楽だし、ケースも小さめで腕におさまりがいいし、毎日使わないとぜんまいが切れて止まってしまうなんてこともありません。

クォーツがいいならグランドセイコーはとても「あり」です。グランドセイコークォーツに採用されているムーブメント9Fクォーツは、年差±10秒とほぼ誤差なし。

そして何よりすごいのが、針が太いんです。

高い技術力で高トルクのムーブメントなので、機械式時計のようなごっつい太い針がついてるんですね。

世界に数多くあるクォーツ時計のなか、このグランドセイコークォーツモデルにしかないこの「ふっとい針」。

モノ好きのあなたに刺さってくるんじゃありませんか?

グランドセイコークォーツとアストロンならどっち

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥187,089 (2022/10/06 21:52時点 | 楽天市場調べ)

グランドセイコークォーツを検討するなら、セイコーアストロンとどっちがいいか比較してから買わないと、後悔することになります。

グランドセイコークォーツは、高級ブランドクォーツよりもはるかに高性能でコスパも抜群。

海外ブランドクォーツ腕時計の多くは日本製クォーツムーブメントを輸入して組み込んでいるので、自分で作れるグランドセイコーはコスパがよくなります。

そう、どっちにするか比較するべきは日本の腕時計。特にセイコーブランドから出ているアストロンです。

アストロンはセイコーから1969年に発売された、世界初クォーツムーブメントの腕時計の名です。当時世界を震撼させた画期的な腕時計でした。

そして2012年、セイコーは「セイコーアストロン」の名を冠し、世界初のGPSソーラーウォッチを発売します。

今までのセイコーとは違うごつごつしたデザインと太い針。誤差のないGPSを、電池切れのおきないソーラーウォッチで実現。

2016年の伊勢サミットで当時の安倍首相が身に着けていたことで一躍有名になりました。

そう、電池切れのない、誤差のないアストロンは、世界をまたにかけるビジネスマンにとって最良の選択肢です。

アストロンはグランドセイコーより知名度が低いので、どっちにするか比較されないままグランドセイコーを選んで後悔される方も珍しくありません。

どちらもよい時計ですのでお好みで選ばれるのがいいですね。

グランドセイコーアストロン
特徴実用時計
シンプルデザイン
GPSソーラー
ごつごつした存在感あるデザイン
駆動方式電池
機械式
スプリングドライブ
ソーラー
価格20万円~80万円
限定品では数百万円
10万~30万
スポンサーリンク

グランドセイコーで後悔したのはスプリングドライブ?

スプリングドライブって結局クォーツなんじゃない?機械式のほうがいいよ。

せっかくグランドセイコーをわかってくれる人がいても、こんな評価を受けることもあります。

これをみてダメだと思ったあなた、グランドセイコースプリングドライブを買ってはいけないです。

絶対に後悔します。

スプリングドライブは高い、高いのに、見た目はクォーツっぽい。そのクォーツっぽさというのは、秒針が滑らかに動くところなんです。

ふつうの機械式腕時計は、秒針が一秒ごとに一瞬止まりながら、カチッカチッと進んでいきます。

秒針が滑らかに動くスプリングドライブの腕時計は、クォーツと同じ秒針の動きをしているんですね。

秒針だけを見ると、60万円のスプリングドライブを買っても20万円のクォーツだと思われてしまうのです。

どうして秒針がそう動くのかというと、スプリングドライブは機械式でぜんまいで動きますが、クォーツ式のように水晶をつかって時計の精度を制御しているんです。

そう、スプリングドライブは機械式とクォーツ式のハイブリッド。

この技術で機械式の弱点の誤差を減らしています。

スプリングドライブはグランドセイコーオリジナルの機構で、他のどんな高級時計もまねできない素晴らしい技術なんです。

こんなにすごい時計、ほかにないですよ。

グランドセイコースプリングドライブの良さは中身なんです。

私の個人的な感想ですが、スプリングドライブはオーデマピゲやパティックフィリップなどの超超超高級腕時計並みに価値のあるムーブメントだと思っています。

もしあなたがスプリングドライブの見た目のクォーツっぽさが気になるならグランドセイコースプリングドライブを買うと後悔します

もしあなたがスプリングドライブの見た目よりも中身が気に入ったなら、買っても絶対後悔することはありません。

スプリングドライブは高いのが欠点?

グランドセイコーのスプリングドライブは、グランドセイコーの中でも高いです。50万円以上するのが欠点といえます。

また、機械式時計にはオーバーホールなどのメンテナンスが必要で、費用も5万円ほどかかります。

スプリングドライブに関しては、機械式よりも高く、57,200円。クロノグラフモデルだと86,900円もかかるんです。

グランドセイコーの時計は、オーバーホールの頻度をはっきり指定はしていません。

ですが多くのメーカーは機械式時計のメンテナンスとして3~5年ごとのオーバーホールを推奨しています。

5年ごとでも20年で合計24万円近くとかなりの出費です。

このように、メンテナンス代も高い欠点を覚悟して購入しないと、後悔することになります。

ただし、オーバーホールなどのメンテナンス代はどの時計を買っても同じ。

クォーツの腕時計でも歯車部品はありますので、機械式に比べて費用は若干安くなりますが、定期的なメンテナンスは必要です。

せっかくの高級時計、きちんとメンテナンスして長く大切に使いたいですよね。

どんな時計を選んでも、定期的なメンテナンス代がかかるという欠点も考慮して購入を検討しましょう。

スプリングドライブが壊れたら?

グランドセイコーのスプリングドライブは水晶を使った特殊な機構のため、一般の時計修理店ではまず修理できません。

そのためグランドセイコーのサービスのほうに送って修理することになります。送料もかかります。

また、グランドセイコーの部品の保持期限は販売終了後10年としています。

家電など、他の製品に比べると部品保持期限は長いですが、もともと長く使いたい高級腕時計だと心もとない期間ですね。

グランドセイコーは購入後10年でオーバーホールも受け付けてくれない、といううわさもネット上でささやかれています。

ただし、それはただのデマです。

何十年たってもグランドセイコーのメンテナンスサービスは受けられます。

グランドセイコーのホームページには、生産終了後10年を超えても、さらに長期間の修理ができる体制を整えている、とあります。

腕時計の心臓部ムーブメントは、モデルが変わり見た目が変わっても、同じムーブメントで販売されるのは普通です。

ですから、これから15年後にムーブメントの部品が必要になったと仮定しても、現行モデルと同じだったり、最後のモデルが生産終了後10年たっていないことも。

部品がある可能性は十分高いです。

また、共通する部品があるならそちらから流用などもできます。

また、ダイアル(文字盤)などは、限定品モデルもあり、デザインの移り変わりで部品が無くなるケースが多いかもしれません。

そんな時は交換ではなく修理で対応できることもありますよ。

30年前の動かなくなったグランドセイコーをメーカーで修理してもらったという話もあります。

グランドセイコーはマニュファクチュールという、すべての腕時計部品を自社で作ることのできるメーカーです。

ムーブメントの重要部品ヒゲゼンマイまで作ることができるメーカーはセイコーのほか、ロレックスなど世界でも3社しかないんです。

そんなグランドセイコーが責任をもって見てくれるメンテナンスです。ご安心ください。

ちなみに、ロレックスは発売後30年たったモデルの修理は受け付けてくれなかったという話もありました。

腕時計の部品の永久保証はないの?

部品が無くなるかもしれない、修理部品の保証がないのは心配というなら、以下のメーカーの腕時計を購入するのがおススメです。

  • パテックフィリップ
  • オーデマピゲ
  • ヴァシュロンコンスタンタン
  • IWC
  • ジャガールクルト

これらのメーカーは、たとえ部品の供給が無くなったとしても、新しく部品を作ってでも修理を保証する、永久保証をうたってくれています。

高級腕時計を世代を超えて、親から子へ受け継いでいくことができるんですね。

ただし、修理にかかる費用は自己負担。新しく部品を作るとなると手間賃もかかり、数十万円の部品代が請求されるなどのケースもあります。

またパテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタンなどはもともと定価が数百万円~数千万円するような、超高級腕時計。

グランドセイコーの代わりに購入を検討できるような腕時計ではないかもしれません。

しかし、高くても人気のある時計というのはこういったアフターサービスがきちんと保証されているんですね。

このリストの中でも、IWCや、ジャガールクルトなら、グランドセイコーと価格帯的に重なっているところもあります。

高級時計の部品不足が心配なら、グランドセイコーで後悔するかも。IWCや、ジャガールクルトのほうがいいといえます

スポンサーリンク

まとめ

  • グランドセイコーを人気ないためつけていても気づかれない
  • グランドセイコーはシンプルすぎる
  • グランドセイコーはロレックスより人気ないので買取価格が低い
  • グランドセイコークォーツモデルを買うと後悔する人はいる
  • グランドセイコースプリングドライブを買うと後悔する人はいる

グランドセイコーを買って後悔するポイントをまとめました。

グランドセイコーには人気ないというように、後悔するポイントとなる欠点があります。

でも、それは同時に見方を変えるとグランドセイコーの良さでもあります。

もしあなたが、ここまで読んでもグランドセイコーがほしいと思うなら、買っても絶対に後悔しません。

本当にいい時計に出会える喜びを味わうことができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました