アレルギー表示制度とALLE-MO(アレモ)の考え方

特定原材料等とは?

 アレルギー物質には、食品衛生法上、表示が義務づけられている「特定原材料」7品目と、表示が推奨されている「特定原材料に準ずるもの」20品目があります。

 特定原材料は、卵、乳、小麦、えび、かに、落花生、そばの7品目です。
 特定原材料に準ずるものは、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、ごま、カシューナッツの20品目です。

 「特定原材料」と「特定原材料に準ずるもの」をあわせて「特定原材料等」といいます。

アレルギー表示は義務? それとも推奨?

 「特定原材料」の7品目については、表示が義務とされていますので、原則として、商品の原材料表示を確認することで、その商品にアレルギー物質が含まれるかどうかを判断できます。

 では、「特定原材料に準ずるもの」の20品目はどうでしょうか?

「特定原材料に準ずるもの」は表示義務がないので、原材料表示だけでは判断できません。

 原材料としてそのまま表記されている場合であれば含まれることがわかりますが、表示がないからといって、当該物質が含まれないということは判断できません。

 アレルギー表示等で含まれなていないと明記していない限りは、現状では個々の商品につき製造業者等に問い合わせをする以外は確認する方法がありません。

推奨表示のものは、表示されていない場合もある!!

 原材料表示に、「特定原材料」だけでなく「特定原材料に準ずるもの」についてもアレルギー表示をしている商品(あるいはそのような表示方針をとっている企業の商品)については、「特定原材料に準ずるもの」についても表記されていると推定することはできます。

 さらに、「特定原材料等」以外の物質でアレルギー症状が生じる方もいらっしゃいます。

 現行制度上は、「特定原材料等」以外の物質についても、それ自体が原材料としてそのまま表記されている場合であれば含まれることがわかりますが、表示がないからといって、当該物質が含まれないということは判断できません。

ALLE-MO(アレモ)の考え方

 ALLE-MOでは、このような考え方のもと、原材料表示に「特定原材料等」(27品目)についてのアレルギー表示をしている企業の商品について、原材料表示から判断した「特定原材料等」の含有の有無を掲載しています。趣旨をご理解いただいた上で、ご利用をお願いいたします。

 (なお、「ごま」、「カシューナッツ」については、最近になって「特定原材料等に準ずるもの」に加えられたもので、表示の猶予期間は2014年8月31日と定められていることから、「特定原材料に準ずるもの」についても表示している企業の中でも、対応もまちまちなのが現状です。特に「ごま」については、原材料名に現れない含有が多く想定されることから、現状では検索対象に含めておりません。)。

お薬の準備が出来たらメールでお知らせ!! 処方箋のネット受付できます! EPARK くすりの窓口

PAGE TOP